元探偵が教える浮気調査のいろは

浮気の証拠を見つけたのに!フェイスブックじゃ決定的な証拠にならない?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

通話やメールはもう古い?フェイスブックからバレる浮気!

浮気相手との連絡手段といえば、これまでは携帯電話での通話やメールが多かったのですが、最近はSNSを利用している人も増えているといいます。

直接連絡を取り合う以外にも、自分達が「つながっている」ことを確かめ合うためにフェイスブックを利用することもあるようです。

バレないようにうまくやっているつもりでも、パートナーがフェイスブックをチェックしたことで浮気がバレてしまうことも多いんです。

この記事のまとめ

・フェイスブックから浮気がバレることも多くなっている

・でもそれが決定的な証拠にはなりにくく裁判になったら難しい

・フェイスブックで浮気を確認できても証拠を掴むのなら探偵に依頼

フェイスブックの投稿で浮気を発見しても証拠にならない?

「どうも浮気しているらしい」とフェイスブックをチェックしていくうちに気が付いて、浮気に結び付くような投稿を証拠としてパートナーを問い詰めるかもしれません。

でも言い逃れできるような内容なら、当然言い逃れし浮気なんかしていないと言い張るのではないでしょうか。

また、浮気していると推測できる投稿を証拠として離婚や裁判を行おうとしても、不貞行為の証拠とは認められず自分に不利な結果になってしまうでしょう。

ハッキリ言ってフェイスブックのようなネット上のやり取りだけでは、裁判になった時は証拠として認められにくいようです。

でもフェイスブックを利用して証拠を掴むことは可能

裁判でも認められる浮気の証拠とは、「不貞行為」が確かにあったと証明できるものです。不貞行為とは、配偶者がいるのに他の異性と肉体関係を持ってしまうことです。

フェイスブックにはそこまで露骨な投稿はしないでしょう。でも肉体関係を結ぶ予定の日を、フェイスブックから導き出すことは不可能ではありません。

パートナー、浮気相手、パートナーの友人知人など、フェイスブックでつながっている人たちの投稿をチェックしていけば、密会するであろう日も絞っていくことができるかもしれません。

素人が不貞行為の証拠写真を撮るのは簡単ではない!

浮気相手との密会現場を写真に納めれば、それが証拠になると思うかもしれません。でもただ食事している様子や抱き合っている程度の写真では、不貞行為の証拠にはなりません。

肉体関係があったという証拠なので、それを行う現場となるラブホテルに出入りする2人の写真なら、不貞行為の証拠として間違いないものになります。

でも1回では不十分です。2回以上、3回あればもう言い逃れできない証拠となるでしょう。

しかし、そんな写真は素人では撮影することは難しい。本人だと確かに確認できる写真でなければ、裁判で認められずムダになってしまいます。

素人ではムリ、でもプロなら間違いないということで、探偵にお任せしたほうが良いでしょう。

フェイスブックなどで浮気を発見した場合、おそらく頭に血が上ってパートナーをすぐにでも問い詰めたくなるでしょう。

でも感情的になっても確かな証拠がないので詰め寄ってもムダかもしれません。今度どうしたいのかを冷静になって考え、より良い結果を出すためにまずは不貞行為の証拠を掴むことが先決です。

裁判でも認められる証拠を用意するためには、素人の自分よりも調査のプロである探偵に依頼したほうが間違いありません。

 - SNS