元探偵が教える浮気調査のいろは

個人情報が漏れまくるフェイスブック!だから浮気相手の特定も?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

楽しいだけじゃなく危険もいっぱいなのがフェイスブック

SNSを楽しむのはもう一般的なことになりましたよね。フェイスブックを利用している人も多いのではないでしょうか。

SNSの中では世界最大の利用者数を誇るフェイスブック、実名登録が基本なのが特徴です。名前、出身地、居住区、生年月日など本人の情報を登録するわけですが、個人情報がネット上でオープンになるということですよね。

ですから、SNSを利用する時は設定をきちんと行い、プライバシーには十分な配慮が必要です。うっかりして友だちのプライバシーを侵害してしまう可能性がありますし、逆に友だちの「うっかり」から自分自身のプライバシーが侵害されてしまう恐れもあります。

この記事のまとめ

・フェイスブックは便利で楽しいけれど危険性もあると自覚する

・アカウントを取得することでフェイスブックから浮気を探ることも可能

・フェイスブックのみではパートナーの決定的な浮気の証拠にはならない

・裁判でも認められる浮気の証拠なら探偵に依頼して手に入れる

でもパートナーの浮気を探るには便利なフェイスブック!

パートナーがフェイスブックを利用しているのなら、浮気の可能性もそこで探ることができてしまいます。

友だち関係、コメント、頻繁な「いいね!」などから、もしかしたら?とピンときた人物に絞り、チェックを繰り返すことで浮気相手だと分かることもあるんです。

またパートナーが投稿した写真からウソを見破ることもできます。予定していた場所とは違う場所で写真を撮っていたり、一緒に飲みに行っているはずの友人・同僚のフェイスブックの投稿から、パートナーとは別行動だったことが判明したりもします。

浮気相手はたぶんこの人!フェイスブックで検索すれば?

もし浮気相手ではないかと思った人の名前・メールアドレスが判明した時は、フェイスブックで検索してみると詳細情報を見ることができるかもしれません。

自身がフェイスブックのアカウントの取得しており、浮気相手と思われる人もフェイスブックを利用していればということが条件ですが・・・。

フェイスブックは基本的に実名登録ですから、名前の他に性別、年齢、居住地、出身地、血液型、電話番号など詳細な情報を確かめることができるんですね。

また、浮気相手の方でも自分の不倫相手の配偶者情報を探る可能性はあるでしょう。フェイスブックを利用していて、ある日突然見知らぬ同性が友だち申請してきたら・・・もしかしたらパートナーの浮気相手かもしれません!

フェイスブックでパートナーの浮気を発見できても

フェイスブックで浮気を見破ることは可能だし、偶然見てしまったパートナーのフェイスブックで浮気を発見してしまうこともあるでしょう。

でもフェイスブックの投稿だけでパートナーを問い詰めてもシラを切られる可能性が大きいし、フェイスブックでは離婚や裁判になった時の決定的な証拠にはならないでしょう。

また、浮気相手の個人情報が手に入ったからといって、直接問い詰めてもパートナーを同じ様にシラを切られるかも。

やっぱり浮気している確かな証拠は必要です。フェイスブックのみでは証拠として弱い!ということで、裁判でも十分認められる証拠を掴んでくれる探偵に調査を依頼しましょう。

フェイスブックの使い方を誤ると自分自身や家族ににトラブルが降りかかるだけでなく、友人・知人にも迷惑をかけてしまうおそれも。

浮気調査をするには便利なフェイスブックですが、証拠が見つかっても証拠にはならない可能性が高いということで、決定的な浮気の証拠を掴みたければ探偵に依頼することがお勧めです。

 - SNS