元探偵が教える浮気調査のいろは

一番の心配は慰謝料?配偶者の浮気・不倫で自分はどのくらいもらえるのか

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気・不倫されたら黙ってられない!慰謝料は絶対取る!

配偶者が浮気・不倫したら、もちろん黙って見過ごすわけにはいきませんよね。配偶者の裏切りは許せないし、浮気相手だって懲らしめてやりたいと思うでしょう?

離婚するかどうかは別として、とにかく2人に謝罪させ罪を償わせるために慰謝料を払わせようと考えるかもしれません。

でもどのくらい慰謝料を取ることができるのか、見当もつかないという人は多いのではないでしょうか。

この記事のまとめ

・配偶者が浮気した場合、本人だけでなく浮気相手にも慰謝料請求が可能

・慰謝料の金額には目安があるが、事情・状況により左右される

・浮気が原因の慰謝料請求なら決定的な浮気の証拠を掴むことが重要

・個人的に浮気の証拠を集めることは難しいので浮気調査を探偵に依頼する

その前に!本当に慰謝料払ってもらえるケースですか?

結婚しているのに配偶者が自分以外の異性と浮気した、これを理由に慰謝料を支払わせることができます。配偶者はもちろんその浮気相手に対しても、慰謝料を請求していいんです。

慰謝料とは、精神的な苦痛を受けたことに対する損害賠償です。配偶者の浮気・不倫の場合、原因を作った配偶者が相手配偶者に支払わなければなりません。

浮気・不倫されたら当然精神的苦痛を受けますから、もらう権利はあるはずですが、場合によっては慰謝料をもらえないこともあります。

それはすでに夫婦関係が破綻しており、長期間別居していた場合などです。浮気されて腹が立ったけど実はもう別居するくらい夫婦関係が冷えているんだよね、というすでに終わってしまっている夫婦なら、諦めたほうがよさそうです。

慰謝料は法律で決められていない!でも目安はあります

慰謝料がいくらもらえるのかは、法律で定められているわけではないんです。基準がないのでケースバイケースということですね。

ただし目安の金額はあります。まず離婚や別居はしないで浮気されたことに対してだけ慰謝料を請求するなら50万円~100万円程度、浮気が原因で別居することになったら100万円~200万円、離婚に至ったなら200万円~300万円が一般的な金額です。

これらの金額は裁判になった時の目安で、当事者同士が話し合って決める場合はもっと取れる可能性はあります。

事情・状況によって慰謝料の増減も?多く取りたいなら!

目安はあっても事情があったり状況しだいでは、慰謝料の額もより増えたり少なくなったりする可能性があります。

子供がいればその分増額されることもありますし、婚姻期間が長ければ長いほど慰謝料も高額になります。

そして、浮気が原因で慰謝料請求をする場合、最も重要なのが浮気の証拠です。どれだけ自分が精神的苦痛を受けたか、確かに浮気があったと証明できるだけの動かぬ証拠が必要なんです。

せっかく集めた浮気の証拠も、裁判で認められないようでは努力もムダになりますよね。素人では決定的な証拠を掴むことが難しいですから、探偵に浮気調査を依頼し確実に証拠を掴んで報告書にしてもらうことをオススメします。

慰謝料をしっかりと払わせるには、浮気されたという確かな証拠が必要だということですね。

浮気の証拠を掴むならやはりプロに任せるのが無難、探偵に依頼しましょう。

 - 慰謝料