元探偵が教える浮気調査のいろは

認めたんだよ浮気!だったら慰謝料の請求は可能でしょう?えっ違うの?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気を認めた配偶者!慰謝料を払ってもらいたいけど?

配偶者の様子がおかしい、もしかしてと思ったらやっぱり浮気していた!問い詰めたら浮気していることを白状したとしたら?

離婚して配偶者だけでなく、その浮気相手にも慰謝料を請求してやろうと思うかもしれませんね。

慰謝料は配偶者が浮気し精神的苦痛を受けた場合でも請求することが可能です。しかし、請求することはできても土壇場になって配偶者は浮気なんかしていないと言い出すことがあるかもしれませんし、浮気相手だって素直に支払うとは思えません。

社会的に不倫したことがバレるのは困る、お金でカタがつくのならそっちの方がまだマシという人なら渋々払うかもしれませんが、多くの場合やっぱりお金を払うのは避けたいから拒否する、そうなると裁判を起こすことになるでしょう。

この記事のまとめ

・配偶者が浮気を口頭で認めても慰謝料請求には応じない場合も多い

・もし裁判になった時、口頭で認めただけでは勝つことができない

・裁判で勝って慰謝料を手に入れるには決定的な浮気の証拠が必要

・素人が証拠を掴むのは簡単ではないので浮気調査を探偵に依頼

浮気を口頭で認めただけで他に証拠がないというのが問題!

裁判に勝たなければ慰謝料を払ってもらうことができません。勝つためにはどうすればいいのか、それは浮気の「決定的な証拠」を提出することが必要になります。

2人の話し合いの中で浮気を口頭で認めただけなら、裁判で浮気があったことを証明することはできませんよね。もちろん、配偶者が裁判でも浮気を認めれば問題なく慰謝料を払うことになりますが、それはムリではないですか?

浮気を白状した時にその音声を録音しておくことができていれば、裁判になった時に証拠として提出することはできますが、残念ながら決定的な証拠にならず裁判で勝つことは難しいでしょう。

それなら決定的な浮気の証拠とはどんなものがあるの?

客観的に浮気していると推測できる証拠が必要です。「浮気」といっても慰謝料を請求するならそこに肉体関係があることが条件で、精神的な浮気だけで肉体関係がなければ浮気だと判断されません。

「不貞行為」があったという証明をすること、これができなければ裁判には勝てないのでとにかく証拠を集めなければなりません。

でも肉体関係があるという証拠なんて、普通なにをどうすれば証拠になるのか分かりませんよね?危険を冒して入手する必要がある、法に触れるような手段を使わなければならない・・・というわけではありません。安心してください。

証拠は自分ではなく探偵に依頼して集めてもらうのがオススメ

自分で浮気の証拠を集めようとすると、手間も時間もかかりますし苦労したのに決定的な証拠だと認められなかったということもあるでしょう。

一番説得力があり裁判でも認められる証拠として、ラブホテルに出入りする2人の写真や動画というのがありますが、これも素人では掴みにくい証拠ですよね。

そういう現場の写真や動画を撮り慣れている、プロに任せましょう。浮気調査を行う探偵です。

浮気が発覚した時、どうしても感情的になり相手を問い詰めてしまうことも多いでしょう。その時認めたからとって安心はできません。離婚、慰謝料請求をすることになったら突然シラを切る場合もあります。

浮気の証拠をしっかりと掴んでおけばあなたが勝利します。ですから感情的にならず冷静に浮気調査を依頼しましょう。

 - 慰謝料