元探偵が教える浮気調査のいろは

悔しい!旦那の浮気相手に慰謝料請求する!でも弁護士費用で赤字になる?

      2017/04/02

Pocket
LINEで送る

旦那が浮気!相手の女に慰謝料請求しないと気が済まない!

旦那の浮気が発覚!旦那も許せないけどその浮気相手の女も許せませんよね。なんとか制裁を加えたい、それも相手にきついダメージを与えらえるもの、といったらやっぱり慰謝料を払わせることではないでしょうか。

慰謝料を「払え!」と言ったところで相手は素直には応じないでしょう。浮気なんかしていないととぼけることも考えられます。

そうなると法的な手続きをとって慰謝料を請求することになります。裁判ですね。裁判になれば法律にもある程度詳しくなければならない、というよりもやっぱり弁護士にお願いしなければならないかも。

この記事のまとめ

・慰謝料請求で裁判を起こすなら弁護士に依頼することになる

・慰謝料請求が認められても弁護士費用で赤字になるという心配は無用

・決定的な証拠があれば裁判に勝ち100万円~300万円程度の慰謝料が

・決定的な証拠を掴むなら自分でやるのではなく探偵に依頼して間違いなし

でも弁護士に依頼するのは高くつく?赤字にならない?

弁護士にお任せすれば、自分が納得できるだけの慰謝料を払わせることができるかもしれません。

でも問題は費用ですよね。弁護士費用ってそう安いものではないと思いませんか?相場はどうでしょうか。

着手金というものが必要で、その額は20万~30万円、成功報酬で15~25%程度が相場だといわれています。

やっぱり高い、と思うかもしれません。でも慰謝料の相場は100万円~300万円が相場といいますから、そこから弁護士費用を払うことは不可能ではないですよね。

いきなり弁護士にお願いしても証拠がなければ裁判は勝てない

でも弁護士に依頼して裁判に勝ちたい、慰謝料を相手に払わせたいといったところで、旦那と浮気相手が不貞行為を行ったと証明できなければ裁判に負けてしまいます。

弁護士が不貞行為の証拠を用意してくれるわけではないんです。誰から見ても明らかに不貞行為を行ったと分かる証拠を、自分で用意しなければ裁判には勝てません。

不貞行為の明らかな証拠とは、例えば旦那と浮気相手がラブホテルに出入りする写真や動画で、これを2回以上撮らなければなりません。

でもこういう写真や動画は撮影することが難しいでしょう。オススメは探偵に依頼することです。探偵なら調査した結果をまとめ、裁判でも通用する証拠として報告書を作成してくれますから間違いありません。

探偵に証拠を掴んでもらえば裁判を避けられる可能性も

探偵なら確かな浮気の証拠を掴むことが可能ですから、旦那の浮気が事実ならしっかりと証拠が揃います。

旦那も浮気相手も言い逃れできない証拠になるので、裁判をしなくても示談で慰謝料を取れる可能性はあるでしょう。

それがムリだとしても、まず慰謝料請求の内容証明を送ってみることで、裁判を起こさなくても浮気相手が請求に応じるかもしれません。内容証明ってけっこうプレッシャーになるものですよ。

内容証明は自分で書くこともできますが、司法書士に依頼するのがぶんでしょう。その場合費用は数万円。裁判のために弁護士を雇うよりもかなり割安ですね。

浮気の証拠集めも大変ですが、弁護士を選ぶのも経験がなければ難しいかもしれません。でも探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、決定的な浮気の証拠が手に入るだけでなく弁護士の紹介、様々な浮気の悩みに対して専門家のアドバイスももらうことができます。

 - 慰謝料