元探偵が教える浮気調査のいろは

当然もらう!慰謝料を確実に取るにはパートナーの浮気を証明する必要が!

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気されたんだもの慰謝料を払わせなきゃ損ですよね?

パートナーの浮気が発覚!ショックを受け、怒り、そして泣いて・・・浮気された側の精神的苦痛は計り知れないものがあるでしょう。

パートナーとその浮気相手がやった行為は「不貞行為」、決して許せないし法律でも不貞行為によって受けた精神的苦痛に対し、加害者は損害賠償金を支払うようにと定めています。

この損害賠償金が「慰謝料」です。でも浮気された、パートナーが不貞行為を行った、と説明するだけでは慰謝料を支払ってもらうことはできません。不貞行為があったと証明できる証拠が必要になります。

この記事のまとめ

・慰謝料を請求するにはパートナーの浮気を証明する必要がある

・浮気の確かな証拠は肉体関係があったと証明できるもの

・浮気相手がパートナーを既婚者だと知っていたことも重要

・浮気の確かな証拠を掴むためには探偵に調査を依頼すること!

パートナーの浮気による慰謝料請求に必要なものは?

慰謝料を請求するには、不貞行為があったと証明できる証拠が必要です。しっかりと証明することができれば、パートナーだけでなくその浮気相手にも慰謝料を請求し払わせることができます。

具体的には、肉体関係があったことを証明すればいいんです。肉体関係を結んでいる現場の写真撮影?とドキッとするかもしれませんが、さすがにそこまでしなくても大丈夫です。

肉体関係があると推測されるような状況にあれば、肉体関係があったと証明できる可能性があります。例えばラブホテルに出入りするパートナーと浮気相手の写真や動画で、中に入ってからある程度の時間が経過していることや、1回ではなく2回以上撮影して証明することができればOKです。

また、1人暮らしの浮気相手の部屋に出入りし長時間滞在していたり、2人で泊りがけの旅行に行き同じ部屋で就寝したことなども証明できれば証拠になるでしょう。

浮気相手が既婚者だと知らずに不倫していた場合は?

肉体関係があったことを証明することができても、慰謝料を請求できないケースもあります。これはパートナーへの請求ではなく、その浮気相手への請求に関してですが、浮気相手がパートナーを既婚者だと知らなかった場合です。

本当にパートナーを既婚者だと認識していなかったのではなく、支払いたくないから「知らなかった」と言い張ることもあるかもしれません。

その時は浮気相手が既婚者だと認識していたことを証明する必要があります。例えば、夫婦の結婚式にその浮気相手も出席していた、同じ会社で働く上司と部下の関係であった、メールなどのやり取りから既婚者だと認識していた内容を確認できるなどの事実があればいいでしょう。

肉体関係があったという証拠、確実に掴めますか?

浮気相手が既婚者だと認識していなかった、ということはそれほど多くはないと思います。ですから慰謝料請求のために用意する証拠は、ほとんどの場合肉体関係があったという証拠で大丈夫ですね。

でも実際に自分で浮気の現場を押さえ写真を撮影するとなると、手間も時間もかかる上に顔がはっきりと分かるような鮮明な写真にすることは難しいものです。

慰謝料は絶対取りたい、そう思うのなら探偵に調査を依頼し証拠を掴んでもらいましょう。調査のプロに任せるのが一番です。

慰謝料請求するために必要なのは確かな浮気の証拠ですが、頑張って自力で集めても「確かな」証拠にはならないかもしれません。

費用はかかりますが探偵に依頼して浮気調査をしてもらえば、確実な証拠を短期間で掴んでもらうことが可能です。

 - 慰謝料