元探偵が教える浮気調査のいろは

浮気の慰謝料ってなんなの?自分の場合でも絶対もらうことができるの?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

パートナーが浮気した!謝罪をお金というカタチにしてよ

パートナーの浮気、結婚しているんだから当然これは不倫で許すわけにはいかない、ということで「慰謝料を払ってもらおう!」と思う人もいますよね。

離婚する際には必ず慰謝料をもらえると勘違いしている人もいますが、慰謝料ってどちらかの不法行為がなければ発生しないんですよね。

ですからパートナーが浮気したことで慰謝料を請求するのは、間違ってはいないでしょう。でも浮気したからといって必ずもらえるとは限りません!

この記事のまとめ

・パートナーが浮気したら損害賠償として慰謝料を払ってもらうことができる

・ただし自分が精神的苦痛を与えられたと証明できる不貞行為の証拠が必要

・不貞行為の確かな証拠がなければ慰謝料請求しても払ってもらえない可能性も

・確かな証拠を掴むには自分で集めるよりも調査のプロである探偵に依頼する

精神的苦痛を受けたから損害賠償として慰謝料を受け取れる

パートナーが浮気をしたら、ショックを受けたり怒りを感じたり、落ち込んで何も手につかなくなることもあるかもしれません。

精神的に辛いですよね。場合によっては体調を崩してしまうこともあるでしょう。その精神的苦痛を受けたことに対し、苦痛を与えた側が慰謝するために払う損害賠償が「慰謝料」です。

ということは、浮気されても精神的苦痛を受けていないのなら慰謝料を払ってもらうことができない、ということになりますよね。

浮気したパートナーに慰謝料を払わせるには?

慰謝料は、浮気が原因で離婚することになったら自動的にもらえるというものではありません。請求しなければもらうことができないし、請求されなければ払う必要もありません。

また、離婚せずに結婚生活を継続する場合でも慰謝料請求は可能ですし、パートナーだけでなくその浮気相手にも慰謝料を請求することができます。

ただし、ちゃんと支払ってもらうには浮気の場合なら確かに浮気していた、不貞行為があったと証明する証拠が必要になります。

もちろん、示談でパートナーや浮気相手が納得して支払ってくれるのなら証明するための証拠をなんて必要ないのですが・・・。

慰謝料請求のために必要な浮気の証拠って?

確かに浮気をしていたという証拠は、肉体関係があったことを証明できるものです。例をあげるのなら、不倫関係の2人がラブホテルに出入りする写真などです。

裁判になった時、肉体関係があると証明できる確かな証拠がなければ、慰謝料を請求しても期待通りにはならないことも。

浮気の確かな証拠を掴むことができれば、慰謝料も相場の額をしっかりと払わせることができるでしょう。

もし浮気されたことで慰謝料を払ってもらいたかったら、確実な証拠の入手方法として探偵に調査を依頼することをオススメします。

ちなみに裁判上の慰謝料の相場は、多くの場合100万円~300万円くらいだといわれています。

しかし離婚しないで慰謝料だけ請求する場合はそれよりも安くなりますし、事情や状況によっては300万円を超えることもあるでしょう。

少しでも多く支払わせたい、と思うのならとにかく確実な証拠を掴むこと。探偵に浮気調査を依頼して決定的な証拠を掴んでもらいましょう。

 - 慰謝料