元探偵が教える浮気調査のいろは

どうせなら高く請求したい!浮気された苦しみを慰謝料で癒せるか?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

慰謝料は精神的苦痛を受けたことに対する賠償!

信じていたパートナーに浮気される苦しみって、味わってみると分かると思うのですが想像以上に応えるものです。

信じていたパートナーに裏切られた苦しみ、浮気相手に自分が負けたという悔しさ、嫉妬、子供がいれば子供のことも心配ですよね。

我慢できなくて離婚を考えるかもしれません。その際には慰謝料をもらわなければ気が済みませんよね。精神的な苦痛を受けたこと対する償いをしてもらうために、お金を払ってもらうんです。

浮気されたことで精神的苦痛を受けた場合も、法的には「慰謝料」という損害賠償を請求することができると定められています。

この記事のまとめ

・パートナーの浮気により精神的苦痛を受けたら慰謝料を請求することが可能

・慰謝料請求をするには確かに浮気をしていたという「不貞の証拠」が必要

・慰謝料を高く請求するためには動かぬ不貞の証拠のほかに医師の診断書も

・決定的な証拠を掴みたいのなら調査のプロである探偵に依頼する

もらえるものならより多く!慰謝料を高く請求したい

自分が受けた精神的苦痛は、正直な話お金で償えなるものではないと思っているかもしれませんね。でもしっかりもらわなければ!

慰謝料を請求したのに「えっ、これだけ?」とガッカリするのは避けたい。できれば納得できる金額にしてもらいたいでしょう。

ではどうすれば慰謝料の金額を高くすることができるのでしょうか?

慰謝料請求に絶対必要!決定的な不貞行為の証拠を!

慰謝料は請求しなければもらうことができません。黙っていてもパートナーは払ってくれないでしょうし、直接話し合って慰謝料を請求しても拒否されるかもしれません。

そうなると裁判で決着をつけなければなりません。裁判になった時、慰謝料を請求するためには確かに浮気していた、肉体関係があったという「不貞の証拠」が必要になります。

メールでのやり取りで浮気が分かったとしても、メールだけでは肉体関係があるとは証明できません。物的証拠としてラブホテルに2人で出入りする写真など、肉体関係があると推測できるようなものを用意する必要があります。

証拠が不十分なら慰謝料も相場より安くなる可能性がありますし、最悪払ってもらえないということも・・・・。

さらに金額をアップさせるためにこんな証拠も!

浮気により離婚することになった時の慰謝料相場は、100万円~300万円くらいだといわれていますが、状況により50万円くらいになる可能性もあり、多ければ500万円を超えることもあるようです。

不貞行為の証拠を提出する以外で、これだけすごい精神的苦痛を受けてしまったということが証明できれば、慰謝料もさらにアップする可能性があります。

例えば、精神的苦痛からうつ病になってしまったなど、医師の診断書があれば慰謝料もその分高くなるでしょう。

裁判でも確実に認められる浮気の証拠を掴むには?

言葉にできないくらいの精神的苦痛を受けたとしても、それをちゃんと証明できる証拠でなければ慰謝料をしっかりと払ってもらえないということですよね。

そういう証拠は自分で集めることがとても難しい、集められたとしても素人では決定的な証拠にならないかもしれません。

確実に慰謝料を払ってもらうには、やっぱりプロにお願いし証拠を掴んでもらった方が良いでしょう。浮気調査を依頼できる探偵に任せてみましょう!

どれだけ自分が精神的苦痛を受けたかを証明することができれば、より慰謝料を高くすることも可能です。

不貞の証拠も絶対必要、慰謝料アップのためには探偵に依頼し証拠を手に入れることをオススメします。

 - 慰謝料