元探偵が教える浮気調査のいろは

できるだけ多く払わせたい!でも浮気相手への慰謝料請求に相場ってある?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

やっぱり憎いのは浮気相手!もちろん慰謝料払わせましょう

浮気したパートナーにはもちろん腹が立つし許せないと思うけど、より許せないのはやっぱり浮気相手ではないでしょうか。

パートナーと離婚することになったらもちろん慰謝料を払ってもらいますが、もしそのまま夫婦を継続するのなら、パートナーに慰謝料を払わせてもあまり意味がないかもしれません。

でも浮気相手に慰謝料を払わせることができたら、お金の問題もそうですが胸のつかえが取れてスッとするのではないでしょうか。

この記事のまとめ

・浮気相手へ請求する慰謝料の相場は一般的に100万円~300万円

・しかし個々の事情によって慰謝料の金額は左右される

・慰謝料請求するには確かに浮気があったと証明する必要がある

・決定的な浮気の証拠は探偵に浮気調査を依頼して手に入れる

浮気相手に払ってもらえる慰謝料の相場って?

慰謝料の金額は、実は法律によって基準が定められているわけではないんです。でも相場はあります。

一般的な慰謝料の相場は、100万円~300万円の範囲内といわれていますが、個別の事情を考慮して決められます。

それにより、相場よりも少なく50万円程度になったり、300万円を超える場合もあるようです。

慰謝料はどんな事情があると高くなる?安くなる?

慰謝料の金額を左右する事情は、例をあげると次のようなものがあります。

・浮気が原因で離婚するか、それとも夫婦を継続するか

離婚する場合の慰謝料相場は100万円~300万円、離婚しない場合はそれよりも安くなり数十万円~200万円程度が一般的です。

・婚姻期間

夫婦の婚姻期間が長ければ長いほど慰謝料の金額も高くなります。

・浮気が発覚する前の夫婦関係

浮気が発覚する前の夫婦関係が良好であればあるほど、慰謝料の金額は高くなります。逆にそれほど夫婦仲が良くなかったなら、不貞行為による損害は小さいと判断され金額は安くなってしまいます。

注意しなければならないのは、浮気が発覚する前から別居するなど夫婦関係が破綻していた場合、金額が高い安いではなく慰謝料を請求すること自体認められないということです。

その他にも浮気相手の収入や、不貞行為の回数、交際期間などでも金額は左右されます。

慰謝料請求に欠かせないもの、それは浮気の証拠!

慰謝料に相場があるといっても、ちゃんと払わせることができるかどうかは浮気の確かな証拠があるかどうかにかかっています。

自分のパートナーと浮気していたのは事実です!と言っても裁判で認められることはないです。

浮気相手に直接請求し、納得して払ってもらうことになったというなら別ですが、そう簡単にはいかないようです。

裁判になった時に必要な浮気の証拠とは、肉体関係があったと証明できる証拠です。例えば不倫関係の2人が揃ってラブホテルに出入りする写真などですが、そういう決定的な現場写真を撮ることは難しいですし、撮れたとしても顔がはっきりと分からないようでは決定的な証拠にはなりにくいですね。

証拠を入手するにはプロに任せた方が良いでしょう。そういう証拠を掴むプロといえば、やっぱり探偵です。

浮気相手に多額の慰謝料を請求できる条件だとしても、浮気があったことを証明できる確かな証拠がなければ請求することができない場合も!

慰謝料請求するのなら、探偵に依頼して証拠を掴み間違いなく浮気相手に払わせましょう。

 - 慰謝料