元探偵が教える浮気調査のいろは

準備不十分なら失敗する!慰謝料請求で事前どんなことをしておけばいい?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気によって精神的苦痛を受けたから慰謝料を払え!

自分の夫・妻の不倫が発覚、間違いないとはっきりしたらどうしますか?

口頭で怒鳴りつけて謝罪の言葉を言わせても、腹の虫がおさまるわけありません。なにかしらカタチにして償ってもらいたいでしょう。

不倫していた2人への最もキツイお仕置きは、やっぱりお金を払わせることかもしれません。慰謝料ですね。不貞行為を行った2人に対し、浮気された側は精神的苦痛を与えられたとして慰謝料を請求することが可能です。

この記事のまとめ

・慰謝料請求の準備の前に自分の場合請求が可能か確認しておく

・まず浮気の証拠を収集する!肉体関係が推測できるものが必要

・手続きに際して弁護士や専門家に相談、依頼する必要が出てくるかも

・探偵に相談・依頼すれば証拠の収集だけでなく法的な問題も頼りになる

注意!慰謝料請求することが不可能な場合もあります

慰謝料は自分の配偶者だけでなくその不倫相手にも請求することができます。

ただ、慰謝料請求できないケースもありますから注意してください。不倫が発覚する前からすでに夫婦関係が破綻していたのなら、不倫されたって精神的な苦痛は受けないだろうと判断されますから、請求はできません。

また、不倫相手が既婚者だと認識していなかった場合は、不倫相手に対し慰謝料を請求することはできません。

慰謝料を請求するために準備しておくべきこととは?

慰謝料請求のための準備は、大きく分けて2つあります。「証拠の収集」と「手続きの準備」です。

証拠の収集

確かに浮気していたという証拠を集める必要があります。肉体関係があったと認められる内容でなければ証拠になりにくいのですが・・・。

浮気が発覚したのは携帯・スマホのメールやLINEから、というのが最近多いですよね。でもメールやLINEのやり取りだけでは決定的な証拠にはなりにくいものです。

肉体関係があったと分かるような、そういうやり取りをはたして携帯やスマホで行うでしょうか?

メールも含めて自分でコツコツと小さな証拠を集めていけば、不倫関係にあったという状況証拠にはなるかもしれませんが、満足できるような慰謝料を払ってもらえるかは微妙です。

肉体関係があったと推測できるような証拠として、ラブホテルに不倫関係の2人が出入りする写真などがありますが、こういう写真は素人では撮影することは困難なので、浮気調査を行う探偵に依頼したほうが間違いないですね。

手続きの準備

示談で慰謝料請求できれば一番良いのですが、当事者同士の話し合いではすんなりと解決することは難しいかもしれません。

もし示談で慰謝料を請求するなら、その時に用意しておいた浮気の証拠を示すことで交渉がうまくいく可能性があります。

内容証明や電話、メールで慰謝料を請求することもできますが、相手が無視する可能性もありますし内容証明も法的な効力があるわけではないので、必ず払わせられるわけではありません。

示談で解決できなかった場合、最悪裁判までもつれ込むことも考えられます。そうなると弁護士を雇う必要が出てきますし、お金も手間も時間もかかるのは間違いありません。

弁護士の無料相談を利用して相談してもいいですが、探偵の無料相談もお勧めです。探偵は調査だけでなく浮気問題に関する相談も受け付けていることが多く、必要に応じて提携弁護士の紹介もしてくれます。

慰謝料請求は法的な知識も必要になり、請求のためには浮気の証拠も集める必要があります。

証拠の収集、その後の相談、弁護士の紹介と、慰謝料請求に関して頼りになるのは探偵です!

 - 慰謝料