元探偵が教える浮気調査のいろは

彼氏は既婚!離婚するっていうのは口だけ?慰謝料請求はできるのか

      2016/12/04

Pocket
LINEで送る

離婚するって言うから信じていたのに・・・!

交際しているのは既婚男性、つまり自分とは不倫の関係ということになる。いずれは奥さんと離婚するから、という言葉を信じて待っていたけど全然そんな気配がない。

もしかして私だまされているの?これって詐欺?とようやく目が覚めた時、愛情は憎しみに変わることもあるでしょう。

だまされたと気が付くと罪を償わせたいと思うものです。愛があればお金なんて必要ない、なんてもう絶対言ったりしないでしょう。訴える?慰謝料?黙ってなんかいられないですよね!

この記事のまとめ

・離婚するといい続けた不倫相手が離婚しないなら慰謝料請求が可能な場合も

・結婚をちらつかせて金品をだまし取ったのでなければ詐欺罪には問えない

・慰謝料を請求することは可能だが相手方の妻から自分に請求される可能性も

・慰謝料請求に欠かせない浮気の証拠を確かに掴んでくれるのは探偵

そんな彼氏が行ったことは「詐欺」にならないのか?

結婚するからと言い続けてきたのに結婚には至らなかった、これは詐欺に当たるのでしょうか。

たとえ結婚の約束をしたとしても、その約束を破ったことだけでは詐欺には当たりません。法的に詐欺罪が成立するには財産の交付が必要です。どういうことかというと、結婚をエサに金品をだまし取るといった行為ですね。

ドラマでよくやってますが、結婚したいけど実は借金があってムリ、とか近いうち一緒になるんだからお金を用立てて欲しい、など結婚せずにお金だけが目当てだったという場合です。

でも高価なプレゼントしたんだけど、と言ったところでそれは「好意」からでありだまし取られたわけではありませんよね。自分から進んでお金を出したので詐欺ではないです。

では慰謝料はどう?しっかり払ってもらえる?

彼氏が口だけでなく本当に妻と別れるつもりがあり、真剣に結婚を考えていると態度で表していたでしょうか?

それで「必ず結婚できるから」と誤信させたとしたら、慰謝料を払ってもらえる可能性はあるようです。

誤信させる行為とは人それぞれ違いますが、裁判になった時に認定されなければ残念ながら慰謝料は払ってもらえないかもしれません。

ただし、慰謝料請求が認められめでたく慰謝料を受け取ることになっても、それで終わりではないことも。慰謝料請求をした自分は不貞行為を続けていたわけですから、相手の奥さんから慰謝料を請求されることだってあるんです。

淡い期待を抱いて制裁のために慰謝料を請求しても

こういった離婚すると繰り返し言い続けるだけの男性に、慰謝料を請求するというのは本気で別れを決意したからではないかもしれませんね。

痛い目にあわせて反省してもらう、離婚させるために後押しをしようと考えているのなら、まだ自分が結婚できると期待しているからでしょう。

彼氏にハッキリと本音を聞かせてもらった方が良いのでは?聞いてもちゃんと答えないようなら、もう完全に関係を終わらせるべきではないでしょうか。

彼氏の奥さんから慰謝料を請求された、というのはもしかしたら探偵に浮気調査を依頼したからかもしれません。そうなるといくらシラを切っても無駄かも!

探偵は味方につければ非常に心強いのですが、敵方に回ってしまうと脅威です。確実に浮気の証拠を掴み、裁判でも勝てるような報告書に仕上げることが可能なんです。

離婚するといい続けて結局離婚せず、自分との結婚を決めなかった彼氏ならさっさと別れた方が良いですね。

慰謝料を請求し、また請求されてしまうことで区切りをつけ、もう二度とこんな間違いは起こさないと決心してもいいんじゃないでしょうか。

 - 慰謝料