元探偵が教える浮気調査のいろは

婚約中の浮気で慰謝料は請求できるのか?一方的な婚約破棄は許せない!

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

もうすぐゴールイン、のはずが婚約破棄って・・・

婚約者がいてそろそろ結婚式の具体的な話を、と思っていたら突然の婚約破棄の申し込み、納得できるわけありませんよね。

何か嫌われるようなことをしただろうか、家族に問題があったのかな、なんて自分を責める前に、最近その婚約者に不審なところはなかったか考えてみましょう。

そういえば連絡が取れないことがあった、残業が急に増えて休日も仕事だといってデートできなかった、服装や持ち物の好みが変わった等々です。

婚約破棄する場合、正当事由がなければ婚約を破棄された側は損害賠償が可能です。自分には問題はない、あるとすれば婚約者の方なのでは?

もし婚約者が自分以外の他の相手と不貞行為をしていたら、慰謝料をもらう権利があるんですよ!

この記事のまとめ

・正当な理由のない一方的な婚約破棄なら損害賠償を請求できる

・婚約者に不貞行為があったのに婚約破棄されたら慰謝料請求が可能

・慰謝料請求には証拠を集めることが必要

・探偵に依頼すれば裁判でも認められる確かな証拠が手に入る

泣き寝入りはしない!婚約破棄でもらえる慰謝料の相場は?

浮気が原因で婚約者が婚約破棄を言い出したのなら、もちろんこちらにはまったく落ち度はありません。

婚約者だけでなくその浮気相手にも慰謝料を請求することが可能です。婚約破棄でもらえる慰謝料の相場は50万円~200万円程度だといわれています。

深く傷ついた心はこの程度の金額で癒されないかもしれません。でも泣き寝入りはしたくないでしょう?悪いのは向こうなんですから強く出ましょう!

どうすれば慰謝料をしっかりもらえる?用意するものは?

婚約者が浮気、不貞行為を行っているのなら、その証拠を集めましょう。不貞行為とは配偶者や婚約者意外の人と肉体関係を持つことです。

怪しい行動に気が付いて、携帯やスマホを確認すればメールやLINEで浮気していることは分かるかもしれません。でも肉体関係があると分かるような証拠はそうそう出てこないのではないでしょうか。

お互いの自宅やホテルで肉体関係を結んでいる現場の写真を撮る、なんてムリですよね。こんな危険なことをしてはいけません。一般的にはラブホテルに2人で出入りする写真や映像を2回以上撮影すれば証拠になるとはいいますが、これも素人では難しいでしょう。

裁判になった時でも確かな証拠に!探偵に調査を依頼する

慰謝料をしっかりと払ってもらうことだけでなく、婚約者に思い知らせるためにも動かぬ浮気の証拠をガッチリと掴みたいものです。

こんなことまで!と相手も驚くような浮気の証拠は、探偵に依頼することで手に入れることが可能です。自分が本気だということをはっきりと示すことができるでしょう。

探偵に依頼すれば調査を行ってくれるだけでなく、浮気問題のプロが相談にも乗ってくれますし必要に応じて弁護士の紹介もしてくれます。

結婚の約束までした人に慰謝料を請求するのは複雑な気持ちになるかもしれません。でも納得できない婚約破棄なら、何もせずに終わらせたら後で後悔するでしょう。

ケジメをつけるためにも、思い切って慰謝料を請求したほうが良いのでは?

婚約破棄は今のところないけれど、もしかしたら浮気はしているかも、と感じているのなら早目に探偵に調査を依頼したほうが良いかもしれません。

 - 慰謝料