元探偵が教える浮気調査のいろは

慰謝料はできるだけ高い方がいい!探偵に証拠を掴んでもらえばOK?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

パートナーが浮気をしたから離婚!あれっ、慰謝料は?

パートナーの浮気が原因で離婚することになったら、必ず慰謝料をもらえると思っている人も多いんですね。

確かに配偶者がいながら他の人と肉体関係を持つことは「不貞行為」で、その不貞行為が確かにあったのなら慰謝料を請求できます。

けれども浮気したパートナーが浮気を認めなかったら慰謝料を払ってもらえないでしょう。浮気したんだから慰謝料を払ってください、といっても納得して払うことは考えにくいです。

それなら裁判で決着を、と裁判に持ち込んでも浮気の確かな証拠がなければ慰謝料請求は認められないでしょう。

この記事のまとめ

・パートナーの浮気が原因で離婚するなら慰謝料請求が可能

・決定的な証拠を掴めるかどうかで慰謝料の金額も違ってくる

・自分で証拠を確保することは簡単ではなく失敗することも

・探偵に依頼し裁判でも認められるような証拠をしっかり掴んでもらう

じゃあ浮気の証拠を集めますが?どんなものを?

自分で簡単に集められる浮気の証拠といえば、やっぱり携帯・スマホではないでしょうか。そこから浮気していることが分かったというケースも多いです。

メールやLINEで浮気相手とのやり取りを見つけ、浮気していると分かるようなものを選んで自分で保存しておけばいいと思いますよね。

確かにそういったメッセージのやり取りは、交際があると確認することができるかもしれません。しかし、慰謝料請求に必要な浮気の証拠とは、確かに不貞行為があったと証明できるものでなければなりません。

様々な他の証拠を合わせて不貞行為があったと認められたとしても、決定的な証拠にはならないので慰謝料も減額される可能性が高いです。

肉体関係があったと証明できるもの、これが必要です。

そんな証拠を確保できるものなの?できます探偵なら!

肉体関係があるという証拠、いったいどうやって確保すればいいのでしょうか。その生々しい現場に乗り込んで写真を撮る?それはいくらなんでも無理でしょう。

一般的に裁判で認められる不貞行為の証拠とは、肉体関係があったと推測されるものでOKです。具体的にはラブホテルに出入りする2人の写真・動画を2回以上撮影したものなどです。

こういう現場を特定し、その場に身をひそめて顔がハッキリ分かるような鮮明な写真、そんなものを撮影できますか?素人ではその現場を特定し決定的な瞬間を待つことは難しいし、撮影する技術もなければ高性能の機材も用意することができないでしょう。

こういう時こそ探偵に依頼しましょう。調査能力が確かで最新の機器を駆使して調査を行う探偵なら、間違いなく証拠を掴んで裁判でも通用する報告書にしてくれますから、慰謝料請求も自分の希望が通ることでしょう。

離婚することになったら当面の生活をどうしようかと不安が大きいですよね。できるだけ多く慰謝料が欲しいのは当然のこと、そうするためには不貞行為があったことをしっかり証明する動かぬ証拠が必要です。

それなら調査のプロに任せれば安心。探偵に依頼してしっかりと証拠を掴んでもらいましょう。

 - 慰謝料