元探偵が教える浮気調査のいろは

浮気相手の身元が分かれば慰謝料請求も可能!調査を怠ると後悔する?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気発覚!怒りに任せて問い詰めても損をするだけかも?

パートナーがどうも浮気しているらしい、夫婦だからピンと来た!ということもあるでしょうね。この疑いを持っただけの時点で、相手を問い詰めてしまう人もいるようですが、そんなことをしてしまえばパートナーが「クロ」でも「シロ」であっても後々困ることになる恐れがあります。

まず「クロ」の場合。疑っているだけで証拠があるわけでもなかったら、当然パートナーは浮気を認めないでのはありませんか?浮気なんて隠れてコソコソやるもの、バレないようにするための対策やバレそうになった時の言い訳は、ちゃんと考えているでしょう。

浮気しているよねと聞いたって「なんのこと?」ととぼけるかもしれないし、とぼけるな!とさらに追求すれば「それなら証拠を出せ!」と言い返されるかもしれません。

また「シロ」だった場合は、パートナーは自分が信用されず浮気をしていると決めつけられたことで、ショックを受けるかもしれないしその後の夫婦関係がぎくしゃくすることも考えられるでしょう。

この記事のまとめ

・浮気を疑った時は焦らずに、まず事実なのか確認すること

・浮気が事実でもすぐに問い詰めてはダメ!言い逃れできない証拠を掴む

・言い逃れできない決定的な証拠があれば裁判でも優位に立てる

・決定的な浮気の証拠があれば浮気相手に対しても慰謝料請求が可能

・浮気相手の身元調査も含め、浮気調査なら探偵に依頼して正解

まず浮気が事実なのか確認し、事実ならその証拠を掴む

パートナーの浮気を疑ったら、とにかく事実なのか確認することが先決です。事実ならその証拠をしっかりと掴み、今後について考えることが必要でしょう。

離婚する、離婚はしないでやり直す、慰謝料を請求する、財産分与や養育費などもきちんとしてもらうことなど、辛いことかもしれませんが自分がどうしたいのか、どうすればベストなのかを考えなければなりません。

何を選ぶにしても、パートナーが浮気をした証拠は必ず掴んでおく必要があります。決定的な証拠を掴んでおくことで、自分が優位に立つことが可能です。

浮気の決定的な証拠は自分では掴みにくいから・・・

浮気の証拠といっても、パートナーの携帯で見つけたラブラブメールのやり取り程度じゃ言い逃れできるし、もし裁判になった時には決定的な証拠とはならないので不利になってしまいます。

法的にも認められる浮気の証拠とは、肉体関係がある、不貞行為があったと証明できるものでなければダメなんです。

例をあげるなら2人が揃ってラブホテルに出入りする写真などですが、こういった写真は素人では難しいということで、探偵に浮気調査を依頼すれば間違いありません。

パートナーへの制裁だけでなく浮気相手に対しても!

浮気の決定的な証拠があれば、浮気相手に対しても慰謝料を請求することが可能です。どちらかというと、パートナーよりも浮気相手の方によりダメージを与えてもう二度と会わせない!とクギを刺したおきたいのでは?

法に触れるような方法で「復讐」してしまうのは結局自分が損をすることになりますが、慰謝料請求なら浮気されて傷ついた方が堂々と行える「制裁」です。

浮気相手の身元を明らかにするためにも、浮気の証拠を掴むのは探偵に依頼することをオススメします。

浮気が事実だと分かったら頭に血が上るのは当然ですよね。でもそこで堪えて証拠を掴むことで、後悔しない結果を出すことが可能です。

浮気調査を探偵に依頼することで、決定的な証拠を掴むことができますし浮気相手への慰謝料請求も可能になるでしょう。

 - 慰謝料