元探偵が教える浮気調査のいろは

浮気されたからといって必ずもらえるわけじゃない!慰謝料の条件と時効

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

パートナーの浮気発覚!慰謝料はもちろんもらえるよね?

離婚することになると、相手から絶対慰謝料をもらえると思っている人も多いようです。でも慰謝料を払ってもらえるのは、相手から精神的苦痛を与えられた場合なんです。

浮気・不倫された場合なら精神的苦痛を受けますから慰謝料請求は可能。でも性格の不一致や価値観の違いなど、双方に問題があるとされますから慰謝料請求は難しいようです。

しかし、浮気されたからといって必ず慰謝料請求できるわけではないんです。

この記事のまとめ

・パートナーの浮気で必ず慰謝料請求できるとは限らない

・夫婦関係がすでに破綻していたなら浮気があっても請求できない

・慰謝料を請求するためには浮気の証拠が必要だし時効もある

・慰謝料請求のための証拠集めなら調査のプロである探偵に依頼する

浮気された時の夫婦の状態は良好でしたか?

浮気されれば精神的苦痛を受けるもの、なのですが、すでに夫婦関係が破綻していたと認められてしまえば慰謝料をもらえないことも。

夫婦関係が破綻していたとは、例えばすでに離婚する意思があり別居していたなどですね。浮気が原因で夫婦関係が破綻したわけではありませんから、請求は難しいでしょう。

浮気が事実であることをしっかりと証明する必要も

また、浮気をしていたことを証明することができなければやっぱり慰謝料はもらえない可能性があります。浮気をしていた証明とは、肉体関係があったと分かる証拠を提示することです。

ただメールのやり取りを保存しておいたり、2人が手をつないでデートしている写真程度の証拠では弱いんです。

肉体関係があると推測できる証拠、ということで「それが目的で利用するだろう」と判断できるラブホテルに出入りする2人の写真や動画があればOKです。

でも素人にそんな決定的な場面を撮影することは難しい!ですよね。間違いない証拠を押さえるには、やっぱりプロに任せた方が良さそうです。探偵に浮気調査を依頼しましょう。

慰謝料請求には時効があります!請求可能な期限は?

そういえば昔浮気していたはず、今からでも慰謝料を請求しよう!と思うかもしれません。貰えるものなら貰っておきたいですものね。

でも慰謝料請求には時効があるんです。民法724条によると結婚した相手が不倫した場合、慰謝料を請求できるのは2人の不貞行為を知った時から3年以内なら慰謝料を請求できるとしています。

また、不倫している事実や不倫相手を知らなかった場合なら、その不倫関係が始まってから20年までは請求することができます。

また、すでに離婚していても離婚が成立した日から3年以内なら、慰謝料を請求することが可能です。

パートナーの浮気で慰謝料を請求しようと思った時は、自分が請求できるのか確認する必要があるでしょう。

条件や時効を確認、浮気の証拠も用意する必要があります。浮気の証拠なら裁判になった時でも認められるように、探偵に依頼して入手することをオススメします。

 - 慰謝料