元探偵が教える浮気調査のいろは

浮気でしょう?体の関係がなくたって!それなのに慰謝料請求は難しい?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

肉体関係はないと言い張るパートナー!でも浮気は確かだ!

夫婦である以上パートナー以外の異性と関係を持ってはいけない、もしそんなことがあったのなら浮気された側は慰謝料を請求できるはずです。

浮気による慰謝料とは、パートナーの浮気により精神的苦痛を受けたことに対する損害賠償のお金です。

でもこれは浮気が「不貞行為」であることが条件なんです。不貞行為とは配偶者がいながら他の異性と肉体関係を持つということ、だから肉体関係がなければ不貞行為ではない、結局体の関係がなければ慰謝料を請求できないということになってしまいますよね。

浮気は確かなのに肉体関係はないとパートナーが断言するのなら、慰謝料を払ってもらうことができないなんて、納得できないのではないでしょうか。

この記事のまとめ

・一般的に肉体関係のない浮気では慰謝料を請求することが難しい

・不貞行為による慰謝料の相場よりも安くなり、浮気相手からは取れない

・パートナーが肉体関係がないといっても事実かどうかは分からない

・探偵に浮気調査を依頼することで肉体関係があると証明できるかも

可能性がないわけじゃないけれど、相場よりも少ない金額に?

不貞行為がない場合でも、慰謝料を払わせることができないわけではありません。でもそれは不貞行為があったことに対する慰謝料とは異なります。

一般的に浮気が原因で離婚することになった場合、慰謝料は200万円から300万円程度が相場だといわれています。個々の事情により金額はこれよりも少なくなったりもっと多くなることもあります。

でも不貞行為を立証できなければ、この相場の金額ほどもらえることはないでしょう。それに肉体関係はないけれど親密な関係であったと証明する必要もあります。

また、パートナーへの請求はできても、不貞行為を立証できなければ浮気相手に慰謝料を請求することは難しいようです。

パートナーが肉体関係はないと言う、それは本当に事実なの?

いくらパートナーが肉体関係はないと言い張っても、男女間で何もないなんて信じられないと思いますよね。

証拠さえあれば、不貞行為があったということでしっかりと慰謝料を払わせることができるでしょう。それなら証拠を掴む努力をしてみればいいのでは?

上手に浮気を隠すことができるパートナーなら、尻尾を出さないし掴むことは難しいでしょう。だいたい不貞行為を行っている証拠なんて、どこで掴めばいいのか分かりませんよね。

不貞行為の証拠として裁判でも認められるものは、ラブホテルに出入りする写真や旅行先で同じ部屋に泊まったという事実が確認できる写真などです。

でもこんな写真、簡単に撮影することなんてできないですよね?

不貞行為の証拠を掴むには探偵に調査を依頼!

コソコソと密会している現場の写真を撮るのが得意な商売、と言ったら失礼かもしれませんが、浮気調査が得意な探偵に依頼すれば不貞行為の証拠写真を入手することは可能です。

浮気調査を依頼することで、絶対肉体関係がないと言い切っていたパートナーの言い逃れできない証拠を掴むことができるかもしれません。

決定的な証拠を掴むには、探りを入れていることがパートナーに知られないようにすることが重要ですが、その点探偵なら安心です。

自分を裏切って浮気していたパートナーですから、肉体関係がないと言い張ったとしてもウソかもしれませんね。

もし肉体関係があるのならきっちりと制裁を加え、できる限りの額の慰謝料を請求してやりましょう。そのためには探偵に浮気調査を依頼し、言い逃れのできない証拠を掴むことですね。

 - 慰謝料