元探偵が教える浮気調査のいろは

慰謝料払うから養育費は払えないとは言わせない!それとこれとは別!

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気したパートナーに支払わせる慰謝料と養育費は両方OK?

パートナーが浮気したことが原因で離婚することになったら、浮気された方は慰謝料を請求することができますよね。

また、もし2人の間に子供がいたら、夫婦のどちらかが一緒に暮らすことになるでしょう。子供と一緒に暮らす方は親権を持つということで、子供とは別に暮らす方が養育費を支払うことになります。

浮気された方が子供と一緒に暮らす場合は、慰謝料を払ってもらう他に養育費も支払ってもらうことが可能なのでしょうか?

この記事のまとめ

・浮気が原因で離婚するなら慰謝料・養育費ともに払ってもらうことが可能

・養育費は子供が受け取るお金だからうやむやにせずしっかりと請求すること

・慰謝料をきっちり払わせるには浮気の証拠を集めておく必要がある

・裁判でも認められる浮気の証拠なら探偵に調査を依頼して手に入れる

慰謝料・養育費ともに払ってもらうことは可能です!

結論から言えば、慰謝料と養育費はどちらも払わせることができます。でも浮気した本人はそんなに払えないから、慰謝料だけでいいじゃないかと主張するかもしれませんね。

慰謝料と養育費は全く違う意味を持つお金ですから、パートナーが慰謝料だけで納得しろと言っても妥協しないことです。両方請求することは間違っていないと毅然とした態度で臨みましょう。

慰謝料と養育費を請求できる理由は?

そもそも慰謝料・養育費とはどういった時に請求できるものなのでしょうか。

・慰謝料の請求

配偶者が浮気したことにより、精神的苦痛を受けますよね。それに対する損害賠償の意味で慰謝料を払ってもらうことができます。

慰謝料というと、一般的に離婚する時に夫が妻に対して払うイメージがありますが、妻が浮気したのなら当然夫は慰謝料を請求する権利がありますし、妻は払わなくてはなりません。

浮気が原因で離婚することになっても、離婚せず夫婦を継続することになっても慰謝料を請求することが可能です。

また、配偶者だけでなく浮気相手に対しても慰謝料を請求することは可能です。

・養育費の請求

夫婦の間に子供がいる場合、どちらかが子供を育てることになりますよね。子供を育てる方が親権を持ち、そうでない方が養育にかかる費用を負担するようにということで、養育費を請求することができます。

ただし、養育費の額は払う方の収入などの状況を考慮して決めるものですから、養育するのに困らないだけ貰うというのは難しいでしょう。現実的に払っていけるだけの金額になりますね。

勘違いする人もいるようですが、養育費は子供を育てる方に支払われるお金ではなく、あくまでも2人の間の子供のためのお金、子供が受け取るお金です。ですから親権を持つ方は必ず請求しましょう。

浮気が原因で離婚することをハッキリさせれば自分が有利に

浮気が原因で離婚するはずなのに、パートナーが浮気なんかしていないと主張したら慰謝料は請求できない場合もあります。

そんなことを避けるためにも、慰謝料を請求する時にはパートナーの浮気が確かにあったことを証明しなければなりません。調停や裁判になった時に有利になるように、動かぬ浮気の証拠を集めておきましょう。

それには探偵に浮気調査を依頼して、パートナーに気付かれないように証拠を掴んでもらうことをオススメします。

浮気で離婚することになると、浮気した方のパートナーが開き直って慰謝料や養育費の支払いを渋るかもしれません。

きっちりと払わせるためにはそれなりの準備が必要になります。浮気が確かにあったという動かぬ証拠を、探偵に依頼して掴んでおきましょう。

 - 慰謝料