元探偵が教える浮気調査のいろは

許せない!妻と子供を捨て夫が浮気相手と同居へ!慰謝料・養育費を請求

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気相手との同居を選んだ夫!妻である私は?子供は?

浮気しているとは気が付いていたけれど、夫が帰って来なくなりついには完全に浮気相手と同居するようになった・・・・残された妻である自分と子供はどうなるのでしょうか。

夫は夫で浮気相手との生活もあり、今まで通り生活費を入れてくれる可能性は低いですからお金に困ることも。

生活費だけでなく子供には教育費もかかります。こういう状況になってしまった場合、どうしたらいいでしょう?

この記事のまとめ

・妻と子供を残して浮気相手との同居を選んだ夫には生活費を請求できる

・でも生活費の支払いを拒否したり話し合いに応じない可能性が

・自分や子供のためにも離婚することを選び慰謝料と養育費を請求しても

・慰謝料・養育費をしっかり払わせるためには探偵に依頼し証拠を掴む

別居中であっても生活費を請求することは可能!

思い切って離婚する道を選べば、離婚の原因が夫の浮気なのですから慰謝料を払ってもらうことができ、子供も妻である自分が育てるので養育費も支払ってもらうことができます。

ただ、一時的な浮気ならまだやり直せる可能性もあり、子供のこともあるから離婚は避けたいと思うかもしれません。でも食べていけないのは困りますから、そういう時には夫に対し生活費を請求することができます。

しかし、夫が素直に応じるとは思えない、話し合いにも応じないとなると生活費を請求することは難しいかもしれません。

ハッキリさせる!離婚する!慰謝料と養育費は有利な条件で

未練はあるかもしれませんが、帰ってくる見込みのない夫なら思い切って離婚したほうが子供のためにもいいのかもしれません。

自分だけなら何とかなっても、子供の将来を考えるのなら生活費だけでなく養育費も必要です。子供の父親としての責任があるのですから、養育費は絶対払ってもらう必要があるでしょう。

また、精神的に傷つけられてプライドもズタズタになった妻に対しても、慰謝料をしっかり払ってもらわなければなりません。夫だけでなく、その浮気相手に対しても慰謝料を請求することが可能ですから、そのための準備をしっかりと行いましょう。

いきなり離婚するから慰謝料・養育費をと言ってもムダかも?

夫に離婚を切り出せば、離婚するのはもちろん反対せずむしろそう願っているかもしれません。でも慰謝料や養育費の問題には良い返事をしないでしょう。

渋々払うことになっても、自分の生活もあるから相場ほどは払えないと言い出すかもしれません。それでは納得できませんよね?

話し合いでは納得できる解決にはなりにくいので、調停や裁判になる可能性があるでしょう。そうなった時に自分を有利にするため、夫の浮気が確かであるという証拠を集める必要があります。

夫もその浮気相手も言い逃れできない証拠を集めてくれるのは、浮気調査を行う探偵です。探偵に依頼すれば浮気の証拠を集めてくれるだけでなく、こういう状況ではどうするべきかなど浮気の悩みに関して相談することもできますし、必要に応じて弁護士も紹介してくれます。

妻と子供を裏切って他の女性に走った夫を、いつまでも待ち続けますか?生活に困り子供の教育費も出せないようでは、婚姻生活を続ける意味がないでしょう。

思い切って離婚し慰謝料と養育費をしっかりと払わせ、夫にも自分にもケジメをつけて新たな人生をスタートさせましょう。

法的なことも絡んできますし不安なことも多いかもしれません。そんな時頼りになるのは浮気問題のプロである探偵です。探偵に相談・調査を依頼することで心強い支えとなってくれるでしょう。

 - 慰謝料