元探偵が教える浮気調査のいろは

もう終わったことなのに?過去の不倫を理由に離婚や慰謝料請求できる?

      2016/06/26

Pocket
LINEで送る

当時は気付かなかった!配偶者の過去の不倫・・・

自分の家庭は円満で配偶者が浮気したこともないしすることもないだろう、そう思っていたら実は違ったということもあるようです。

偶然知ってしまった配偶者の過去の不倫、過ぎたことだからと割り切ることができず、離婚を考えるかもしれません。

一般的には離婚の原因が不倫なら、それを理由に離婚請求できたり慰謝料を請求することができますが、過去の不倫、すでに終わっている不倫ならどうなるんでしょうか?

この記事のまとめ

・過去の不倫でも時効が来ていなければ慰謝料を請求することは可能

・ただし過去の不倫の証拠を掴むことは難しく請求は困難に

・現在進行形の不倫なら探偵に調査を依頼して確実に証拠を掴む

離婚するのは可能、慰謝料請求も時効を過ぎていなければ

過去に不倫があったことが許せない、このまま夫婦を続けることが難しいから離婚したい。配偶者にそう告げて話し合いがまとまれば離婚することは可能でしょう。

離婚の決め手となったのが配偶者の不倫ですから、慰謝料を請求することができますがこれは時効になっていないという条件でのこと。

「不倫」は法律上「不法行為」とされ、時効があります。不倫を知った時から3年、不倫している時から20年未満なら慰謝料を請求できるということになります。

ですから過去の不倫を知ってしまい、慰謝料を請求するには早めに手を打つ必要があるでしょう。

でも不倫していたという証拠を掴むことができますか?

慰謝料を請求するには、話し合いで解決できないのなら裁判になることもあるでしょう。裁判になった時に浮気が確かにあったということを証明する証拠が必要なんです。

現在進行形の不倫ならその証拠を掴むことは可能ですよね、でも過去の不倫をどうやって証明しますか?

パソコンや携帯に残っていたメールや写真、こっそりしまってあった手紙など、見つかれば証拠になるかもしれません。けれども慰謝料請求するための決定的な証拠になるのは、肉体関係があったという事実を証明できるものでなければなりません。

不倫は過去のこと・・・って過去ではなかったら?

配偶者の過去の不倫、これが実は現在も続いているとしたらです。もう終わったことだと配偶者がごまかしているだけで、今も不倫を続けているのならしっかりとその証拠を掴み慰謝料請求することは可能ですね。

その時は探偵に依頼して浮気調査をしてもらいましょう。不倫してきたことをずっと隠し通してきた配偶者ですから、自分で浮気の確かな証拠を掴むことは難しいかもしれません。

でも探偵なら調査のプロですから、配偶者にも気付かれることなく確実に浮気の証拠を掴んでくれるでしょう。

過去の不倫でも離婚や慰謝料請求することは不可能ではありませんが、今現在進行している不倫よりも難しく期待通りの結果にはならないことも。

過去の不倫を知る前の夫婦関係が良好なら、わざわざ持ち出して追及するよりも「二度とあんなマネはしない」と約束させるだけの方が良いかもしれません。

もちろん、今現在も不倫が継続しているのならしっかりと対策したほうがいいですね。その時は探偵に依頼し言い逃れのできない決定的な証拠を掴みましょう。

 - 慰謝料