元探偵が教える浮気調査のいろは

結婚式が待ち遠しい婚約中!でも彼氏が浮気した!慰謝料を取れる?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

私というものがありながら・・・許せない婚約者の浮気!

結婚を約束した仲、つまり婚約中の2人ですがこともあろうに彼氏の方が浮気してしまいました。彼氏が告白したわけではなく、偶然見てしまったLINEのやり取りで浮気していると確信したのです。

知らないふりをして黙って結婚するわけにはいかない、白状させて浮気相手と別れさせることも考えてみましたが、やっぱりこのまま結婚しても心のしこりとなって後々問題が出るに決まっている、と思うように。

そこで婚約を破棄し慰謝料を請求したいと考えたのですが、婚約者の浮気で慰謝料を請求することはできるのでしょうか。

この記事のまとめ

・婚約者の浮気でも慰謝料を請求することはできる

・慰謝料請求のためには婚約の証明と浮気の証拠が必要

・浮気の証拠は確かに肉体関係があったと証明できるものを

・間違いない証拠を掴むには調査のプロである探偵に依頼する

条件が揃えば婚約者にも慰謝料を請求することは可能

浮気したことが理由で慰謝料を請求する、といえば一般的に婚姻関係にある男女間の話ですが、条件が揃えば婚約者に対しても慰謝料を請求することが可能です。

その前に、婚約者に対する慰謝料とは何に対して支払ってもらえるのかを知っておく必要がありますね。

・婚約不履行に対する精神的苦痛への損害賠償
・経済的損失(結婚式の費用や指輪の購入代金など)に対する賠償

この2点が慰謝料請求で検討できます。

しかし、請求するために立証しなければならないものが、

・婚約の証明(両親への婚約のあいさつ、結納、結婚指輪の購入など)
・婚約者が浮気していたことの証明

もし婚約していたといっても口約束だけなら、残念ながら婚約が成立しているとは認められません。周囲が婚約を認知していたか、結婚式場を予約したなど結婚に向けて具体的な行動があるかどうかで判断されます。

婚約者が確かに浮気していたという証拠は?

浮気が発覚することになったきっかけがスマホを見たことだとしても、そのLINEのやり取りが決定的な浮気の証拠にはならないことも。

メッセージのやり取りから肉体関係が確かにあると確認できるなら証拠にはなりますが、なかなかそういったやり取りを掴むことは難しいと思います。

浮気をしていたと立証できるのは、肉体関係があると分かる写真や動画です。もちろん裁判に提出するものですから行為そのものを撮影するわけではなく、具体的にはラブホテルに出入りする場面を最低でも2回、できれば3回以上撮影できればOKです。

こういった証拠をちゃんと用意できなければ、慰謝料も払ってもらえない可能性があります。請求したのに満足できる金額でないのは悔しいですよね。

ですから浮気の証拠を掴むために、こういった調査でお馴染みの探偵に依頼することをお勧めします。

まさか婚約中に浮気するなんて、本当に信じられないですよね。でも結婚する前にそういう人間だと分かって良かったんだ、と気持ちを切り替えたほうがいいでしょう。

婚約者に慰謝料を請求し、しっかりと払わせましょう。そのためには自分に有利な結果が出るような決定的な浮気の証拠を用意する。探偵に依頼すれば間違いありません。

 - 慰謝料