元探偵が教える浮気調査のいろは

配偶者の浮気で慰謝料請求!自分優位に請求するにはどんなやり方がある?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

配偶者の浮気で離婚するんだから自分は被害者ですよね?

我慢して夫婦を続けるのはもうムリ、配偶者の浮気がどうしても許せないということもあるでしょう。

また、浮気相手に本気になり自分の配偶者・家族をほったらかしにするようでは、もう見限って離婚する方が正解かもしれません。

いずれにせよ、配偶者がいるのに他の異性と深い仲になったのなら不貞行為を行ったということ。浮気され精神的にダメージを受けたのですからこちらは被害者、損害賠償を請求することができます。

不貞行為を行ったことに対する損害賠償金、慰謝料を払ってもらいましょう。

この記事のまとめ

・浮気の慰謝料を優位に請求するには浮気の証拠をしっかりと集めること

・自分で簡単に集められる程度の証拠では決定的な証拠にはならない

・裁判になった時でも認められる浮気の証拠は探偵に依頼して手に入れる

離婚するなら少しでも有利に!優位に慰謝料を請求するには?

浮気した配偶者に「慰謝料を払って!」と言ったとして素直に払う人はいるでしょうか?まず、なぜ自分が払う必要があるのかと怒り出すかもしれません。

そこで浮気しているじゃないと言っても認めないでしょう。あれは浮気じゃない、とか証拠があるのかとか・・・。認めれば自分が不利になるのは分かっていますからね。

それなら浮気を認めさせ、浮気しているという証拠を突き付ければ、配偶者は素直に払うのでしょうか?それもどうでしょう、話し合ってもまとまらないかもしれません。

浮気を認めさせることができる動かぬ証拠は絶対に必要ですが、それを出るところに出て使えば、優位に慰謝料を請求することができるんです!

浮気の証拠ってどんなもの?自分で集めることは可能?

話し合いで慰謝料を支払わせることができないのなら、調停や裁判でカタをつけることになるでしょう。その時必要なのが確かに浮気はあったと証明できる証拠です。

浮気の証拠ってどんなものがあるでしょうか?浮気が発覚するきっかけとなった、携帯の通話履歴やメールの内容、ツーショット写真や手紙など、自分で手に入れることができる物といったらそんなところでしょう。

確かにそういうものをできるだけ多く集めれば、浮気があったということは分かるかもしれません。でも法律でも認められるような証拠としては弱いんです。

慰謝料を優位に請求するために必要な証拠とは、2人が肉体関係を持ったと分かるものです。具体的にはラブホテルに2人で入るところ、その後ある程度時間が経過して出てくるところの写真や画像ですが、これを1回ではなく2回以上撮影する必要があります。

決定的な浮気の証拠なら探偵に依頼して手に入れる!

裁判でも認められるような浮気の証拠は、残念ながら一般の人間では掴みにくいもののようです。尾行や張り込みをし、高性能な撮影機器など揃えることができなければ難しいでしょう。

それが可能なのは探偵です。探偵はもちろん浮気調査の依頼も受けますし、調査の結果をまとめた報告書は裁判でも証拠として認められます。

浮気の慰謝料は一般的に200万円~300万円が相場といわれていますが、しっかりと証拠を揃えることができれば相場の慰謝料を払わせることができるでしょう。

浮気の慰謝料は、浮気により精神的に苦痛を与えられたという損害を賠償するためのお金です。浮気の事実が確認できなければ、苦痛を受けたとは認めてもらえないわけです。

浮気があったことが確かなら、優位に慰謝料を請求することができ相場の金額を支払ってもらえるでしょう。浮気を確実に証明できる証拠なら、探偵に依頼して手に入れましょう。

 - 慰謝料