元探偵が教える浮気調査のいろは

婚約相手が浮気した!婚約破棄はもちろん浮気相手に慰謝料請求できる?

      2016/11/03

Pocket
LINEで送る

浮気した婚約者も許せないけど浮気相手はもっと許せない

結婚する準備をしていた段階で、婚約者の浮気が発覚。どういうつもりなのか腹が立つし絶対許すことができなくて、結局婚約破棄を考えている。

しかし自分を裏切った婚約者よりも、その浮気相手の方が憎らしいしこのまま黙っているつもりはない。慰謝料請求を考えているけど、婚約の場合でも請求できるのだろうか?

こういうケースも実際に珍しいことではないようです。婚約者の浮気相手に対する慰謝料請求は可能なのでしょうか?

この記事のまとめ

・婚約者の浮気でも婚約破棄して慰謝料の請求は可能

・しかしその浮気相手への慰謝料請求となると難しい

・浮気相手が婚約していることを知っていたかどうかが問題

・もし婚約を知っている相手なら浮気の証拠を掴んでおく

・浮気の証拠を掴むには探偵に浮気調査を依頼する

婚約者の浮気でも慰謝料請求は可能!でも浮気相手への請求は?

夫婦のどちらかが浮気すれば、不貞行為を行ったということで慰謝料を請求することが可能ですよね。同じ様に婚約者が浮気したことでも、慰謝料を請求することは可能なんです。

婚約者の浮気を原因として婚約破棄になった場合に慰謝料請求が可能ですが、ちゃんと婚約が成立していたことが条件です。

婚約が成立していたとは、口約束ではなく実際に結婚式場を予約したとか、両親への挨拶がすんでいる、結納をすませたなど結婚に向けて実際に行動していることです。

もし婚約者ではなくその浮気相手に慰謝料を請求したいと思ったら、相手が婚約中の人間だと知っていたかどうかが問題となります。

自分が婚約中だと告げて浮気する人がいるでしょうか?

浮気相手に不貞行為を行っているという認識がなければ、慰謝料を請求することはできません。

浮気する場合結婚しているなら既婚者だと話すことはあっても、婚約ならまだ結婚前、独身ですからわざわざ自分から「婚約中です」と明かすことは少ないでしょう。

慰謝料請求するには裁判になる可能性がありますから、その時に浮気相手に不貞行為を行っている認識があったと証明しなければなりません。

でも裁判で「婚約中の人だと知っていました」と、正直に認めるでしょうか。自分が不利になるような証言はしませんよね。

こういう問題があるので、婚約者の浮気相手への慰謝料請求は困難であり成功したケースが少ないといいます。

でも浮気相手が自分の知人で婚約も承知していたら!

浮気相手が自分も知っている人なら、婚約を知って浮気していたという可能性もありますよね。

その場合、その相手とのメールのやり取りなどで婚約していることに触れた内容があれば、婚約していることを分かっていたという証明になる可能性があります。

これで婚約を知っていたと証明できれば慰謝料を請求できる条件を一つクリアすることになります。後は浮気が確かにあったと証明できる証拠を掴むこと。

2人が密会するために利用したラブホテルへの出入り写真など、肉体関係があったと証明できる証拠を用意しましょう。ただしこういう証拠を掴むには、婚約者にも浮気相手にもバレないように行う必要があり、もちろん婚約破棄を宣言する前に行いましょう。

オススメは探偵の浮気調査です。これなら2人にバレることなく決定的で鮮明な証拠写真の撮影も可能でしょう。

浮気による婚約破棄の慰謝料は、浮気相手に請求するなら多くの場合難しいと考えた方が良いでしょう。

婚約を破棄することになり悔しい気持ちは分かりますが、婚約者もそういう人間だったということ、結婚する前に分かって良かったと割り切った方がいいかもしれません。

 - 慰謝料