元探偵が教える浮気調査のいろは

浮気・不倫・婚約破棄など!自分はどのくらいもらえる?慰謝料の相場!

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

慰謝料といえば離婚!でも男女間のトラブル様々にも!

慰謝料はどんな時に払われるものだと思いますか?離婚の時?原因は浮気?一般的にはそういうケースが多いですよね。でもそれだけではなく、男女間の様々なトラブルに慰謝料を請求することができます。

慰謝料は精神的・肉体的に受けた苦痛に対する損害賠償で、被害者が加害者に対して請求できるものです。その苦痛とは、不法行為により受けたものだと認められなければ慰謝料を請求することはできません。

また、男女間のトラブルでは、離婚や浮気・不倫、DVなどがありますが、それぞれ慰謝料の金額の相場は異なります。

この記事のまとめ

・離婚だけではなく男女間の様々なトラブルで慰謝料請求できる

・請求には精神的・肉体的に苦痛を受けたという証拠が必要

・確実な証拠の入手、悩みの相談、アドバイスなら探偵が頼りになる

3種類の慰謝料について

・不貞行為による慰謝料

不貞行為とは、つまり浮気のことですね。配偶者がいるのに他の異性と肉体関係を持つことを不貞行為といいますが、この場合の慰謝料は配偶者とその不倫相手に請求することができます。

相場は離婚する場合と離婚せず夫婦を継続する場合では異なり、離婚するのなら200万円~300万円程度となります。

一方離婚せず夫婦でいることを選ぶのなら相場は100万円~150万円程度と少なくなりますが、離婚するよりも精神的苦痛は少ないと判断されるからです。

・DV・モラハラによる慰謝料

DV(肉体的暴力)、モラハラ(精神的な暴力)ですが、このどちらも慰謝料請求が可能です。

DVの場合は回数や受けていた期間、ケガや後遺症を考慮し、モラハラの場合はやはり受けていた期間、それに精神疾患の有無などにより慰謝料の相場は50万円~300万円程度になります。

どちらの場合も医師の診察を受けた時に診断書をもらうことで、慰謝料請求をスムーズに行うことができます。

・婚約破棄による慰謝料

一方的に婚約を破棄された場合、慰謝料を請求することができます。ただし客観的に婚約が成立したと証明できる場合のみです。

婚約者の浮気が発覚し婚約破棄を申し出た場合は、破棄することになった原因が相手の浮気にあるので、浮気された方が慰謝料を請求することができます。

婚約破棄での慰謝料相場は30万円~100万円程度です。

慰謝料請求には確実に認められる証拠集めが肝心

慰謝料を請求する時、それが当事者の話し合いで決着するのなら時間も手間も費用もかからないので理想的ですね。

しかし、お金を払わせるということで話し合いだけでまとまることは少ないようです。調停や裁判を行うことになれば法律の知識も必要になりますし、とにかくまず請求するための「証拠」が必要になります。

男女間のトラブルで慰謝料請求を考えているなら、頼りになるのは探偵です。トラブルに関する悩みの相談、解決するためのアドバイス、もちろん証拠を掴むための調査も探偵に任せれば解決へと導いてくれるでしょう。

 - 慰謝料