元探偵が教える浮気調査のいろは

妻の浮気って許せる?許せないから慰謝料請求!でも証拠がない・・・

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

取れるだけ取りたい!慰謝料ってどのくらい取れる?

妻の浮気が発覚!精神的な苦痛は計り知れないということで、これは慰謝料を払ってもらえるはず。多ければ多いほど良いんだけど・・・。と欲張っても慰謝料には相場というものがあります。

一般的に浮気の慰謝料相場は200万円前後、ですが個々の事情によって50万円~500万円まで幅があるようです。あくまでも相場は200万円、ということです。

でも慰謝料請求できるだけの条件を満たしていないと、相場よりも少なくなってしまう可能性もあります!

この記事のまとめ

・妻の浮気で慰謝料請求しようにも証拠がなければ難しい

・メールやLINEのやり取りくらいでは浮気の証拠として弱い

・確実な証拠が絶対必要なので探偵に依頼して手に入れる

浮気の証拠を掴んでいますか?それがなければ・・・

妻に「浮気していたんだから慰謝料を払え!」なんていきなり言ったところで払うわけありませんよね。

どうやって払わせるか、まず浮気の証拠を集めておくことが重要です。でもメールやLINEのやり取りや、抱き合っている程度の写真では言い逃れもできますし決定的な浮気の証拠にはなりません。

法的に認められる、慰謝料を請求できるだけの浮気の証拠とは、肉体関係があったと証明できるものです。携帯でのメッセージのやり取り程度では、そんな証拠は入手しにくいですよね。

メールなどの小さな証拠をコツコツ集めれば、決定的ではなくても浮気していたと認められるかもしれませんが、慰謝料の額は正直なところ期待はできないでしょう。

自分ではお手上げ!無理!というのなら探偵に依頼

どうしても相場に見合った慰謝料を払わせたいのなら、確実な証拠を手に入れなければなりません。でも自分では無理だと思ったら、諦めずに探偵に依頼してみてください。

費用がかかるからそれはちょっと、と思うかもしれませんが慰謝料をきちんと払ってもらえるのなら高くはないでしょう。

それに探偵によっては予算も相談できますし、自分である程度「妻の怪しい行動がありそうな日」などの情報を提供することで、調査費用を安くすることも可能です。

証拠があっても慰謝料を請求できない場合も

決定的な浮気の証拠があれば、妻だけでなくその浮気相手にも慰謝料を請求することは可能です。

しかし、場合によっては妻からも浮気相手からも慰謝料を支払ってもらえない可能性があります。浮気が始まった時点での夫婦関係が重要で、もしその時すでに夫婦関係が破綻していたのなら、浮気が原因で離婚に至った、精神的苦痛を受けたとは判断されないからです。

また、浮気相手が妻を既婚者だと認識していなかったら、つまり妻が独身だと偽っていたのなら慰謝料請求はできません。

探偵に依頼するなんてやっぱりなぁ・・・と迷ってなかなか決断できないかもしれません。でも確実に、不倫関係の2人にも気付かれることなく浮気の証拠を掴んでくれるのは探偵です。

そしてその証拠を裁判でも通用するような報告書にまとめてくれるのも探偵なのですから、任せてみてはどうでしょうか。

無料の相談もありますし、すぐに依頼するのではなく今悩んでいることの相談だけでも大丈夫ですよ。

 - 慰謝料