元探偵が教える浮気調査のいろは

気が付いていないとでも思ってる?油断している浮気妻と間男に制裁!

      2016/06/28

Pocket
LINEで送る

知ってしまった妻の不倫!絶対許せないから秘密裏に行動

自分は頑張って外で仕事をし妻にはしっかり家庭を守ってもらうというスタイルの夫婦で、慎ましく専業主婦として自分を支えてくれていた妻には感謝してきた・・・はずが?

偶然知ってしまった妻の浮気、信じられなかったけど調べていくうちに浮気はやっぱり事実だったと思い知らされる結果に。こういう時、多くの夫はまず妻を問い詰めるのではないでしょうか。

浮気をやめさせ夫婦関係を修復したいのなら、問い詰めて浮気をやめるよう約束させ、今後についてもきちんと話し合うという方法でもいいかもしれません。

でも、もし関係修復ではなく離婚を決めたのなら、いきなり妻を問い詰めるのではなく自分に有利な離婚ができるように、あるいは制裁を加えるために準備しなければならないことがあります。

妻にも間男にも気付かれないように、こっそりと浮気を調査することです。

この記事のまとめ

・不倫の動かぬ証拠があるのなら妻とその間男に対し慰謝料請求が可能

・問い詰める前にまず証拠を掴むことが重要、そのためには探偵に依頼

・証拠があれば裁判でも有利になり慰謝料以外の方法で制裁も可能

慰謝料を妻にも間男にも請求する!そのためには?

黙って離婚届を出して終わりにするのではなく、不倫によって精神的苦痛を与えられたことに対する損害賠償金、慰謝料を払わせましょう。妻にも間男にもです。

でも慰謝料請求は払え!と言って払ってもらえるわけではありませんよね。まず2人が言い逃れできないような、不倫関係だという証拠を掴む必要があります。

慰謝料を請求できるだけの不倫の証拠とは、裁判になった時でも認められる証拠であり、肉体関係があると証明できるものです。

確かな証拠があれば慰謝料請求以外にも制裁を!

肉体関係があるという証拠は、ラブホテルなどに出入りするツーショット写真を3回以上撮影すれば認められることが多いようです。

こういった証拠は仕事を持つ夫では手に入れにくいもの、妻が専業主婦なら密会は平日の昼間という可能性が高いですから。そこで証拠を手に入れるため、探偵に調査を依頼することをオススメします。

探偵なら裁判でも認められる確実な証拠を掴んでくれますから、その証拠で慰謝料請求も可能だし、他の方法でも2人に制裁を加えることができます。

たとえば、妻の親に調査報告のコピーを送ったり、間男の勤務する会社にも同様のコピーと慰謝料請求を郵送するんです。

妻は親に、間男は会社に、そして自分の家族に対し顔向けできなくなることでしょう。慰謝料請求に社会的な制裁も、となったら自分たちが不倫したことをきっと後悔するでしょうね。

専業主婦だから慰謝料を払わなくてもいいというのはウソ

妻が専業主婦なら収入がないので慰謝料は払わなくてもいい、と思っている人もいますがそれは間違いです。

夫に精神的苦痛を与えたことが確かなら、支払い能力があるなしにかかわらず慰謝料は発生します。請求されたら払わなくてはなりません。

ただ、収入がないということで相場よりも金額は低くなることはあります。しかし金額が「ゼロ」になることはないんです。

不倫の末の離婚で、夫から慰謝料を請求されたら・・・専業主婦だった妻のその後の生活は悲惨でしょうね。

妻と間男の不倫を知り、頭に血が上った状態で復讐を考えたりしてはダメです。

冷静になり、復讐ではなく最も効果的で自分がスッキリできるような制裁に向けて行動を起こすことが大切です。

そのためには2人に気付かれないよう調査を行うことができる、探偵に依頼することをオススメします。

 - 慰謝料