元探偵が教える浮気調査のいろは

不貞行為の時効が3年!離婚した後で知った夫の浮気に対し慰謝料請求は?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

夫から切り出した離婚!最近になって知った浮気の事実

自分では思い当たる理由がなかったけど、夫の方からこれ以上夫婦でいるのはムリだから離婚したいと言い渡され、仕方なく応じてしまった。でもその後に離婚した本当の理由が分かることもあるようです。

ただ別れたいというだけで夫が明確な理由を言わなかったのは、他に女がいたからだったと知ったら、どうしますか?離婚の時に慰謝料をもらわなかったのは失敗だったと、悔しくてだまされたという気持ちになるかもしれませんね。

こういうケースでは、離婚した後で慰謝料を請求することは可能なのでしょうか?

この記事のまとめ

・離婚後に判明した浮気で元夫と浮気相手に慰謝料請求は可能

・ただし不貞行為の時効は3年で離婚して3年が経過したら請求できない

・浮気相手への請求は元夫を独身だと信じて交際していたのならムリ

・離婚した後で浮気の証拠を掴むことは難しいので探偵に依頼

不貞行為の時効は3年!慰謝料請求するなら急いで!

浮気の事実を知った時から3年を過ぎてしまうと、慰謝料請求はできなくなります。不貞行為にも時効があるんですね。

また、離婚の際慰謝料を決めていなかった場合でも、離婚の成立から3年以内であれば離婚後であっても慰謝料を請求できます。

つまり、離婚後に浮気の事実を知った場合、それが離婚成立後3年以内であれば慰謝料請求は可能だということですね。でも請求するならのんびりしていられませんよ。

慰謝料請求するには浮気が原因の離婚だと証明する必要が!

離婚時に慰謝料請求するのと同様に、離婚後慰謝料請求する時でも浮気があったことを証明できる証拠を集める必要があります。

証拠を掴むことができれば、元夫からだけでなくその浮気相手にも慰謝料を払わせることが可能です。でも過去の浮気を調査し証拠を掴むことは非常に困難ですよね。

こういう時は調査のプロに依頼しましょう。浮気調査を行う探偵です。おそらく元夫は浮気相手と堂々と交際したい、あるいは一緒になるために離婚を切り出したはずです。

ということは、離婚からまだあまり時間が経過していないのなら浮気相手との関係を継続していると考えられます。

浮気相手を調査することなどから、婚姻時から不倫の関係だったことを証明する証拠を掴んでもらうことができれば、慰謝料請求が可能になるでしょう。

不倫相手への慰謝料請求で注意しなければならないこと!

婚姻時に配偶者と不倫関係にあったと、浮気相手に対し慰謝料請求をすることは可能ですが、注意しなければならないのが浮気相手に過失があったのか無かったのかということです。

例えば、元夫が自分は独身であると嘘をついていて浮気相手がそれを信じていたのなら、過失がないので慰謝料を請求することができません。

だまされて離婚されたわけですから、貰えるものはしっかりと貰うためしっかりと証拠を集めて慰謝料を請求しましょう。

時効は3年、迷っていたら請求することができなくなってしまいます。自分は請求できるのか、どうやって証拠を掴めばいいのか、請求はどうやったらいいのかなど、迷った時には探偵依頼することで相談もアドバイスも、もちろん調査もしっかりと行ってくれるでしょう。

 - 慰謝料