元探偵が教える浮気調査のいろは

不倫調査で証拠を掴み慰謝料をガッチリ!調査費用が高いとか心配無用!

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

配偶者の浮気!離婚するのなら慰謝料請求しなければ!

配偶者の浮気が発覚し、やり直すつもりはなくもう離婚しかないと覚悟と決めたら、損をするような離婚はしないことですね。

まず慰謝料、これはしっかりともらっておきましょう。配偶者の不貞行為により離婚することになる、これは不倫という裏切り行為と離婚することで配偶者を失うというダブルの精神的な苦痛を受けることです。

離婚できればそれでいい、という人もいますが、配偶者、それにその不倫相手にも制裁を加える意味で慰謝料を請求したほうが、気持ちの整理もつくというものです。

この記事のまとめ

・有利な離婚・慰謝料請求をしたいのなら不倫の証拠を集めることが大切

・自分で簡単に集められるような証拠では言い逃れされる可能性も

・探偵に不倫調査を依頼すれば慰謝料請求にも有利な証拠が手に入る

・不倫調査費用が気になっても、後で慰謝料が手に入るから大丈夫

しっかりと慰謝料を払わせるには不倫の証拠を集める!

慰謝料を請求するには不倫があったということを証明する必要があります。それなら不倫が発覚するきっかけになった携帯のメールがあるし、不倫相手と利用したホテルのレシートやクレジットカードでプレゼント用の高い買い物をした形跡もある、と安心するかもしれません。

しかし、残念ながらそういったものだけなら、いくらでも言い逃れできる可能性があります。たとえ2人が抱き合ったりキスしている写真が携帯に保存してあったとしても、ふざけただけとか、酔ったはずみなどと言い訳することもできますよね。

2人が不倫関係にあるという証拠は、やっぱり体の関係があると証明できるものでなければダメでしょう。例えばラブホテルなどそういった行為を行うであろう場所に出入りする写真など、1回だけでなく数回分撮影したものがあれば、間違いなく不倫関係だと証明することができ、言い逃れもできませんよね?

決定的な不倫の証拠は素人では掴めない?じゃあプロの出番!

是が非でも手に入れたい不倫の証拠、でも素人ではそんな簡単に集められるものではないでしょう。そういう時こそ、プロに依頼しましょう。浮気調査を行うプロといえば探偵ですよね。

昔はろくな調査もせず高い費用を払わせるような悪徳探偵も多かったようですが、法律が変わってからは適正価格できちんと証拠を掴んでくれる優良探偵が多くなりましたから、安心して依頼することができます。

とはいえ、決して費用が安いとは言えないのも事実。探偵に依頼しようと思ったけど費用がかかりそうだから迷っているという人も多いようです。

慰謝料は配偶者・不倫相手の2人に請求することができる!

探偵の費用が高いから調査を依頼しない、それでは決定的な証拠を掴むことが難しくなりますから、慰謝料が相場よりも安くなったり最悪の場合まったく払ってもらえない可能性もあります。

そうならないためには、やはり探偵に依頼するのが間違いないということになります。慰謝料は配偶者だけでなくその浮気相手にも請求することができますから、探偵費用よりも慰謝料の方が安いという可能性は少ないでしょう。

探偵なら裁判でも不倫があったと証明できる報告書を作成してくれますし、その点安心していいですね。探偵費用は慰謝料という大金を手に入れるための「投資」だと考えればいいのではないでしょうか。

悩んでいても解決しない、自分で証拠を集めることも困難。それならやっぱり探偵に相談・依頼しましょう。

モヤモヤした気持ちをスッキリさせることもできますし、調査の不安にも適切なアドバイスをしてくれるので頼りになります。

 - 慰謝料