元探偵が教える浮気調査のいろは

浮気されたら慰謝料請求!コレ前提で探偵に浮気調査を依頼してみる?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

パートナーの浮気!何をどうしたらいいのかが分からない?

パートナーの浮気に気が付いたら、相手は誰なのかいつからの関係なのかを知りたい、2人を別れさせたい、あるいは離婚を考えることもあるでしょう。

様々な悩みが生まれるパートナーの浮気ですが、それを解消するための手段として探偵に浮気調査を依頼するという方法もあります。

パートナーの浮気をやめさせるのも、離婚するのも、とにかく浮気が確かであるとハッキリさせなければなりません。浮気を認めないパートナーに、浮気をやめろと言っても取り合ってくれないでしょうし、ましてや浮気しているから離婚だと言っても承諾しないでしょう。

動かぬ証拠を掴むために探偵に調査を依頼する、これで浮気の悩みも解決への第一歩を踏み出すことになります。

この記事のまとめ

・慰謝料請求前提で探偵に浮気調査を依頼することも可能

・不貞行為があったという証拠を掴むための調査を行う

・場合によっては不貞行為があったと認められないことも

・浮気調査を依頼する際に慰謝料請求が可能なケースか確認を!

浮気されたことにより受けた精神的苦痛を黙っていられる?

浮気調査で分かることの中には、慰謝料を請求するのに役立つ証拠になるものもあります。浮気されたことで精神的苦痛を受けた場合、その損害賠償として慰謝料を請求することが可能です。

確かに浮気があった、それも肉体関係のある浮気だと証明することができるのなら、慰謝料請求が可能になります。場合によってはパートナーだけでなくその浮気相手にも慰謝料を請求できますから、浮気調査を依頼する時にその点を相談してみると良いですね。

慰謝料請求することが前提の浮気調査って?

一般的に、浮気調査は離婚や慰謝料請求をスムーズに行うことを目的として依頼することが多いです。

慰謝料請求を前提とした浮気調査は、もしも裁判で争うことになった場合に法律でも認められる浮気の証拠を掴む調査になります。

法的に認められる浮気の証拠とは、いわゆる不貞行為の証拠であり、肉体関係があったことを証明できるものです。

ですから、もしもパートナーの浮気が精神的なものだけで肉体関係がないのなら、残念ですが慰謝料を請求できる可能性は低いでしょう。

具体的な不貞行為の証拠としては、ラブホテルなど性行為が行われたと判断できる場所への出入り写真が多いようです。

ただし不貞行為の証拠があっても請求できない場合が

パートナーが他の異性と肉体関係を持ったという証拠が掴めても、慰謝料を請求できない場合もあります。浮気が始まる前にすでに夫婦関係が破綻していた場合や、相手が風俗嬢だった場合などです。

また、不貞行為の証拠が確かなら浮気相手に対しても慰謝料を請求できるのですが、その場合も相手がパートナーを既婚者であると知っていたということが条件で、知らなかったとしたら請求することはできません。

せっかく証拠を掴めても慰謝料請求する時になって「できなかった」では困りますよね。そうならないためにも、浮気調査を依頼する時には探偵に事情を話し、慰謝料請求が可能であるか確認しておくと良いでしょう。

慰謝料を払わせることは、金銭的な問題だけでなく自分が傷つけられたことへの賠償と、パートナーや浮気相手への制裁の意味もありますよね。

できる限り多くの慰謝料を払わせたいと思うのなら、やはり確実に不貞行為の証拠を掴んでくれる探偵に調査を依頼するのが間違いないでしょう。

 - 慰謝料