元探偵が教える浮気調査のいろは

さあ不倫相手に慰謝料請求!間違いなく払わせるための手順はコレ!

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

許せない不倫相手!アンタには慰謝料を絶対払わせてやる!

パートナーの不倫が発覚。もちろんパートナー自身に責任はあるけれど、まあ今回は見逃してあげると広い心で・・・。

しかし、不倫相手は別ですよね。許すわけにはいきません。見せしめとして制裁を加え、パートナーに「次はないよ」と威圧するのです。不倫相手に慰謝料を請求しましょう!

でも不倫相手に慰謝料を請求するなんて、経験がなければ手順なんて分からないでしょう。確実に慰謝料を払わせるために、どんなことをしていけばいいんでしょうか?

この記事のまとめ

・不倫相手に慰謝料請求をしたいならまず確かな証拠を掴む

・肉体関係があるという証拠は調査のプロ「探偵」に依頼する

・証拠が揃ったらまず内容証明を送ってみる

・内容証明を無視されたら今度は弁護士に依頼しても

・最終的には裁判!確かな証拠があれば怖いものなし!

こうすれば不倫相手に慰謝料を払わせることができる!

1.不倫の証拠を掴む

不倫の慰謝料請求に欠かせないのが、不倫の確かな証拠です。これは不倫相手に請求する場合だけでなく、配偶者に請求する時も同様に必要です。

裁判になった時に不倫があったと認められる証拠とは、肉体関係があったと確認できるものになります。

ただ、肉体関係があってもそれが1回しか証明できないのであれば十分な証拠にはなりません。一夜限りの関係というのは、不倫だと認められないんですね。

ですから2回以上、できれば3回肉体関係を結んだと証明するものが必要になります。その「証拠」ですが、具体的にいうとラブホテルに出入りする場面を写真あるいは動画で撮影したものが有効です。

この手の証拠は素人では集めにくいものですから、オススメは探偵の浮気調査を依頼することです。

それから、それだけでは証拠として弱いのですが、あれば補助的な証拠となるメールや手紙なども用意しておいてもいいですね。

2.まず内容証明で慰謝料請求

証拠が集まったらいよいよ慰謝料請求です。いきなり裁判ではなく、まず内容証明で請求してみてもいいでしょう。

内容証明自体は法的な効力はないのですが、こういった書類が送りつけられることが初めてなら、精神的なプレッシャーになるのは間違いないです。

3.弁護士に依頼して請求

内容証明を送っても無視されたら、今度は弁護士に相談し慰謝料を請求してみても。不倫相手の配偶者が送り込んだ弁護士から連絡・・・払わないと大変なことになると思って慰謝料を払ってくれる可能性が高くなります。

4.あれこもれもだめならやっぱり裁判で請求

ことごとく慰謝料の支払いを拒否したら、最終的には裁判ですね。不倫の証拠をしっかりと掴んでいるなら、なにも怖いことはありません。堂々と裁判に臨みましょう。

結局不倫相手は慰謝料の支払いを命じられ、裁判まで起こされてダメージは相当なものでしょうね。

不倫相手に慰謝料を請求しようと思ったら、とにかく決定的な不倫の証拠を手に入れましょう。

相手に気付かれないように集めるためにも、調査のプロである探偵に依頼することがオススメです。

 - 慰謝料