元探偵が教える浮気調査のいろは

アンタの不倫で愛は終わった!後はお金の問題!確実に慰謝料を取るには?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

不倫されて傷ついた!こちらは慰謝料請求する権利アリ!

配偶者の不倫が発覚し自分はもう離婚しかないと思った時、やっぱり一番気になるのは慰謝料のことではないでしょうか。

もらうものをキッチリともらって別れたいですよね。また、その権利はありますから。でも、配偶者に慰謝料を払えと言っても話し合いで決着がつくことは、それほど多くはないようです。

誰だってお金を払うのはできれば避けたいですから。話し合いで決める「協議離婚」で決着がつかないのなら、裁判になる可能性も。

キッチリと慰謝料を払わせるには、どうすればいいんでしょうか?

この記事のまとめ

・不倫の慰謝料を確実に払わせるには肉体関係があったという証拠が必要

・探偵に浮気調査を依頼し確実に証拠を掴んでおくことがオススメ

・不倫が始まる前の夫婦関係が良好であったことを証明することも重要

・収入が少ない、まったく無くても慰謝料を請求することは可能

こうすれば大丈夫!確実に不倫の慰謝料を取る方法

1.探偵に浮気調査を依頼すること

不倫の慰謝料を請求する場合、絶対に用意しておかなければならないものがあります。それは不倫の証拠です。

裁判になった場合、不倫が確かにあったという事実を証明できなければ慰謝料請求はできません。不倫の証拠が必要です。

相場かあるいはそれ以上の慰謝料を、しっかりと払わせるには「肉体関係」があったと証明できる証拠である必要があります。

自分でそういった証拠を集めることができないわけではありませんが、確実でしかも短期間で集めるにはやはり浮気調査のプロである探偵に依頼したほうが良いでしょう。

2.不倫が発覚する前の夫婦関係を証明

配偶者が不倫したから慰謝料を払わせることができる、とはいってもそれは不倫が始まる前の夫婦関係によっては不可能である場合もあります。

不倫が始まる前からすでに夫婦関係が破綻していたのなら、配偶者以外の人と肉体関係があったとしても、それによって精神的なダメージを受けたり離婚が決まったとは認められません。

ですから、そのことを知っている配偶者なら裁判になった時に「すでに夫婦としては終わっていた」と言い張り、慰謝料を払わなくて済むようにしようと考えることも。

そうならないためにも、夫婦関係が良好であったことを証明できるように会話の記録や仲睦まじい夫婦の写真などを用意しておくと良いですね。

3.収入が少ない、ないから払えないとは言わせない

配偶者の収入が少なかったり、専業主婦で収入自体がない場合は慰謝料を請求できないと思っている人もいるようです。

請求したとしても不倫した本人が「払える状態ではないから払う必要がない」と、さも払わなくてもいい法律があるように強気に出るかもしれませんが、これは間違いです。ちゃんと請求することは可能です。

不倫して配偶者に精神的苦痛を与え離婚に至ったのなら、慰謝料を請求されますし払わなければなりません。たとえ専業主婦であっても、不倫をしたらしっかりと代償を払わされるということ。甘えは許されません。

不倫して配偶者を傷つけたくせに、言い逃れして慰謝料を払おうとしないヤツを許してはいけません。

きちんと制裁を加え、自分が受けた精神的苦痛に見合った慰謝料をしっかりと払ってもらいましょう!

 - 慰謝料