元探偵が教える浮気調査のいろは

不倫がバレて慰謝料請求されてしまった!そこをなんとか減額できない?

      2016/12/04

Pocket
LINEで送る

大丈夫だと思っていたら突然の慰謝料請求!ヤバい!

自分が不倫していたんだから文句は言えないわけですが、突然不倫相手のパートナーから慰謝料請求されたら、どうにかして払いたくない!と思ってしまうでしょうね。

不倫の慰謝料ですから金額も安いわけがない。すぐに用意するのも難しいし、そもそも自分が払う必要があるのかどうか疑ってしまうかもしれません。

慰謝料を請求されてもその支払いを回避、あるいは減額にすることは可能なんでしょうか?

この記事のまとめ

・不倫の慰謝料を請求されたら条件を満たした上での請求かハッキリさせる

・不倫の動かぬ証拠が揃っているのなら残念ながら支払いを回避できない

・もし不倫の証拠がないのなら慰謝料を請求されても支払う必要はない

・慰謝料を支払うことになっても交渉することで減額できる可能性はある

いいえ自分は払う必要がない!と突っぱねるためには?

自分のことは棚に上げて・・・ということになりますが、どうにかして慰謝料の支払いを回避するためにできること、ないわけではありません。

慰謝料を請求された時に、請求できるだけの条件を満たしているか確認してみましょう。請求できるだけの条件とは、不倫相手と肉体関係があったことを証明できる証拠があること、それに既婚者と知って関係を持ったと証明することです。

これらを証明できる証拠がないのなら、慰謝料を請求されても払う必要がないということになります。肉体関係があったかどうかを証明できる証拠とは、例えばラブホテルに出入りする様子を撮影したものや、旅館などの宿泊施設に同じ部屋で寝泊まりしたと確認できる写真や領収書などになります。

また、既婚者だと知っていたという証拠は、同じ職場なら絶対言い逃れできない証拠になりますよね。不倫相手の結婚式に出席したことも同様です。

2人のメールのやり取りで、既婚であると分かる内容があるものでも証拠になるでしょう。

そんな証拠掴めるわけがない!と思うのは甘い・・・

自分達はバレないように慎重に行動しているから、そんな証拠を掴めるわけがないと思うかもしれません。確かに素人では難しいでしょうね。

そう、素人では難しいけどこれがプロなら?可能なんですね!尾行したり張り込んだりして調査を行うプロといえば探偵、近頃は浮気調査を探偵に依頼することもそう珍しいことではないといいます。

もし不倫相手のパートナーが探偵に依頼して証拠を掴んでいたら、残念ですが支払いを回避することは難しいでしょう。

請求された金額はちょっと・・・減額するには交渉を!

相手が不倫が原因で離婚をするから、という理由で慰謝料を請求した場合は200万円~300万円くらいが相場です。いきなりこの金額を払えと言われても、戸惑いますよね。

相場といっても慰謝料に法律で定めた金額があるわけではありませんから、請求された金額では支払いが難しいと交渉してみてはどうでしょうか。相場よりも多額の慰謝料を請求された場合なら特に、相場よりも増額した根拠を尋ね自分が妥当だと思う金額を提示してみましょう。

自分は大丈夫だと思って不倫を楽しんでいても、知らぬ間に探偵に調査されているかもしれないということです。

不倫していることが確かなら探偵に洗いざらい報告されている、これは怖いことじゃありませんか?

調査されるのも慰謝料を払うのも嫌だ、と思うのなら不倫なんか今すぐやめることですね。

 - 慰謝料