元探偵が教える浮気調査のいろは

調停や裁判も覚悟!配偶者の浮気を許さず慰謝料を確実に取る!

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気が許せると思ってる?慰謝料を払ってもらいたい!

配偶者が浮気していたら、もうこれまでと離婚を切り出しますか?それとも浮気相手と手を切らせキツイお仕置きをしますか?

どちらを選ぶにしても、こちらは慰謝料を請求することができます。結婚して配偶者がいるのに他の人と浮気する、これは不貞行為にあたり浮気された方は精神的苦痛を受けたことを理由に慰謝料を請求することができるんですね。

慰謝料は配偶者に対してもその浮気相手に対しても請求することができます。でも、配偶者とその浮気相手に、浮気したんだから慰謝料を払えといっても素直に払うでしょうか?

なぜ慰謝料を払うのか、そもそも浮気なんてしていない、被害妄想もいい加減にしろ、なんて言い逃れされてしまうかもしれません。

この記事のまとめ

・配偶者の浮気が確かなら配偶者とその浮気相手に慰謝料を請求できる

・確実に慰謝料を払わせたいのなら調停や裁判で決着をつける

・調停や裁判に持ち込む場合には不貞行為の証拠を準備する必要が

・言い逃れできない不貞行為の証拠なら探偵に調査を依頼して入手

払わないのなら覚悟がある!出るところに出るからね

話し合いにもならないのなら、直接慰謝料を請求してもムダに終わりそうです。法律では間違ったことをしているのは明らか、それなら出るところに出てハッキリさせれば解決するでしょう。

離婚・慰謝料請求を希望通りに進めたければ、調停や裁判に持ち込めばOKです。ただし、そうなってくると必要なのは「不貞行為の証拠」です。

どんな証拠かというと、肉体関係があったことを証明する証拠です。ちょっと生々しい感じがしますが具体的な例として、ラブホテルに出入りする現場の写真や動画、旅館などの宿泊施設で同じ部屋に泊まった事実が確認できる写真などです。

これらの証拠は1回だけでなくできれば3回以上入手し、継続して関係があることも証明する必要があります。

不貞行為の証拠があれば調停・裁判で勝つことができる!

裁判でも認められる不貞行為の証拠を掴むことができたら、もう怖いものなしです。調停や裁判で勝ち、慰謝料を支払わせることができるでしょう。

でも素人では裁判で認められるような証拠を掴むことは困難です。自分では完璧だと思って提出した証拠でも、第三者から見て不貞行為を行っているとは判断できないなら、慰謝料は減額されたり最悪払ってもらえないことも。

ですから不貞行為の証拠を確実に掴むことができる、調査のプロである探偵に依頼してみましょう。いきなり依頼しなくても、最初は無料の電話相談を利用して納得できてからの依頼で大丈夫です。

浮気が発覚したらすぐにでも配偶者を問い詰めたくなるかもしれませんが、慰謝料を請求するならそこで騒がないことが重要です。

探偵に依頼すれば浮気の証拠を確実に掴むことができ、慰謝料請求に有利になるでしょう。感情的にならず冷静に、くれぐれも配偶者にはバレないように行動しましょう!

 - 慰謝料