元探偵が教える浮気調査のいろは

離婚して慰謝料請求したい!調停で弁護士に依頼すると費用はどれくらい?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

配偶者の不倫で離婚を決意!できるだけ自分優位に進めたい!

配偶者の不倫が発覚、離婚を決めたけれど黙ってそのまま別れて終わりというわけにはいきませんよね。こちらは被害者、慰謝料をしっかりと払ってもらわなければ腹の虫がおさまりません。

しかし、不倫を理由に離婚を切り出し慰謝料を請求しても配偶者は納得しない、話し合っても平行線・・・そうなったら離婚調停・裁判まで持ち込まなければならないでしょう。

いきなり裁判ではなくまずは調停。ここでしっかりと決着をつけるにはやっぱり弁護士に依頼したほうが絶対有利。でも、弁護士費用ってどのくらいかかるものなんでしょうか。

この記事のまとめ

・最近では離婚調停でも弁護士に依頼するケースが増えてきている

・離婚弁護士費用は着手金と報酬金で60万円~80万円、慰謝料請求は別料金

・不倫が原因の離婚・慰謝料請求なら調停や裁判で不貞の証拠が必要に

・不貞の証拠を確実に手に入れるには探偵に浮気調査を依頼する

離婚調停で必要になる弁護士費用は?

離婚調停の弁護士費用は、依頼する弁護士によって金額は異なるでしょう。しかしほとんどの弁護士が「着手金+報酬金制」を採用しており、金銭請求を伴わない離婚なら着手金40万円程度、報酬金40万円程度が多いようです。

離婚だけでなく慰謝料を請求する場合には、その分費用が追加されます。着手金は不要であっても報酬金は追加され、慰謝料も請求した場合には離婚弁護士費用の2倍になると考えておけばいいでしょう。

弁護士に依頼するとやっぱり高い!でも・・・

実は、これまでなら調停では必ずしも弁護士に依頼しなくても良いと言われてきました。弁護士をつけるのは調停ではなく裁判になった時、というのが一般的な考え方だったんです。

しかし、近年は調停でも弁護士に依頼することが増えており、裁判まで持ち込まずここで決着をつけたいと考えるだけでなく、調停不成立になった時を考えてスムーズに裁判に移れるように調停の時点から依頼する場合も多いようです。

弁護士に依頼すると費用はかかりますが、慰謝料をしっかりと払わせることができ財産分与も有利になることを考えれば、取れる金額によってはメリットが大きいということになるでしょう。

弁護士に依頼する前に!不貞の証拠は手に入れましたか?

配偶者の不倫が原因で離婚する、そのための調停・裁判なら確かに不倫していたという証拠、いわゆる不貞の証拠が必要です。

慰謝料を請求する場合、この不貞の証拠が十分でなければ減額されたりあるいはまったく支払ってもらえないことも。

不貞の証拠は弁護士に依頼しても用意してくれません。自分であらかじめ用意するしかないのですが、こういった証拠は素人では集めることが困難です。ですから不倫が発覚した時に、配偶者にバレないよう探偵に依頼して証拠を押さえてもらいましょう。

調停で必ず弁護士が必要というわけではありませんが、依頼したほうが心強いのは事実でしょう。

離婚して慰謝料はしっかりと払ってもらいたいけど、どういう方法をとればいいか迷っているというのなら、取りあえず探偵に相談してみるという方法もあります。

探偵に依頼すれば不貞の証拠を掴むことはもちろんできますし、様々な浮気・不倫の悩みについても相談することができます。

 - 慰謝料