元探偵が教える浮気調査のいろは

話し合いでは解決できない!離婚調停になるけどどのくらい時間がかかる?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

自分達だけで解決できない!じゃあ離婚調停になるの?

配偶者の不倫が原因で離婚を決意したけれど、夫婦の話し合いでは解決しなかった・・・こういう場合離婚調停で決着をつけることになります。

離婚し慰謝料を請求するための調停なのですが、そもそも調停ってどういうものなのでしょうか?

この記事のまとめ

・離婚調停の期間は大半が半年ほどで決着がつくがケースによって開きがある

・不倫が原因の離婚・慰謝料請求なら不貞の証拠を準備する必要がある

・確かな不貞の証拠があれば調停も短期間で終了し満足できる解決に

・不貞の証拠を集めるには浮気調査を行う探偵に依頼する

離婚調停って?どういう時に行うの?

離婚調停とは、家庭裁判所で行われる夫婦関係調整調停であり、離婚の話し合いを中立な立場である調停委員の仲裁の下で夫婦が話し合いをする場となります。

離婚の合意、合意できたとして慰謝料をどうするかなど、夫婦の話し合いでは決着がつかなかったことを、調停委員を間に挟んで解決に向けスムーズに話し合いをするため行われます。

離婚調停はどのくらいの期間かかるの?

ケースによって異なりますが、一般的には半年ほどで解決するようです。でも短ければ1か月、長いと1年以上かかることも。

なぜそこまで差が開くのでしょうか?

・短期解決する場合

財産分与で争っている場合だと、財産状況を把握していれば無茶な要求は通りませんから金額の折り合いもつきやすく、結果として短期解決するでしょう。

また、慰謝料の金額で争っている場合、不倫が原因でその証拠が揃っているなら言い逃れはできませんから短期解決が可能です。

・長期に渡ってしまう場合

離婚するかどうか、そこを争っているのなら折り合いがつくことは難しいようです。また、子供がいる場合には親権の問題、養育費を払うかどうかについて争うことで調停が長引くことも多いようです。

調停を短期間で成立させ慰謝料にも満足するためには?

調停で自分の主張を通すためには、調停員を味方に付けることが重要になります。言い方がなんですが、いかに同情してもらうかがポイントになります。

不倫が原因での離婚・慰謝料請求ですから、配偶者が不倫していたという確かな証拠を提示し、どれだけ自分が傷つけられたかをアピールするべきでしょう。

調停で認められる不倫の証拠といえば?

不倫の証拠といっても、ただ「会いたいね」とか「愛している」などメールのやり取りでは離婚や慰謝料を請求するだけの証拠にはなりません。

明らかに肉体関係を結んだと分かるような証拠が必要で、よく使われるものではラブホテルに出入りしている写真や、メールなどメッセージのやり取りであっても肉体関係があると分かる内容、画像が必要になります。

自分では掴みにくい不貞の証拠は探偵に依頼して

ラブホテルに出入りする現場写真なんて、尾行や張り込みが必要ですし撮影するカメラも一般的なものでは鮮明な画像は期待できないかもしれません。

そうなるとやっぱりプロに依頼した方が無難ですね。証拠を掴むプロといえばやっぱり探偵、探偵は浮気調査の依頼も受けますからまずは相談してみましょう。

調査の依頼だけではなく、浮気・不倫の悩み事の相談も受け付けていますから参考になるアドバイスをもらうこともできるでしょう。

調停では、自分がどれだけ辛い思いをして離婚を決意したかをアピールできるかが決め手になります。

配偶者の不倫が原因なら、動かぬ不貞の証拠を掴めば勝てます!探偵に依頼してしっかりと証拠を掴んでおきましょう。

 - 慰謝料