元探偵が教える浮気調査のいろは

夫の浮気を突き止めた!謝ったけど反省はしていない夫に腹が立つ

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

夫の浮気にピンと来る!やっぱり妻のカンは当たります

夫婦として生活しているうち、言葉を交わさなくても考えていることが分かるようになるといいますよね。それは気配りができるというだけでなく、相手が良からぬことをしている時にピンと来た、というのもあるのではないでしょうか。

浮気を疑うきっかけとなるものには、残業や休日出勤、出張が増えるなど仕事が忙しいと言って家を空ける時間が多くなることもあるでしょう。

また、浮気を始めると携帯を手にしている時間も増えると言います。お風呂やトイレにまで持って行く、肌身離さず持ち歩き常にチェックできるようにするなど、浮気相手とのやり取りを絶対に見られまいとするようです。

この記事のまとめ

・浮気を突き止めて謝らせても、夫は反省せず再び浮気に走るかも

・二度と浮気しないようにお仕置きをして過ちを繰り返させない

・浮気・慰謝料請求に有利になるよう決定的な証拠はしっかり押さえておく

・決定的な証拠を合法で手に入れたいのなら探偵に浮気調査を依頼する

メール・LINEのやり取りは決定的な証拠にならない?

明らかに浮気相手とのメッセージのやり取り、携帯でこんなことをしていたなんて!と夫を追求する妻もいるでしょう。

それで夫が浮気を認め反省するなら良いのですが、多くの夫はシラを切ったり逆ギレすることもあるといいます。メールのやり取りだけで実際には何もしていない、そんなふうに言われれば反論できないかもしれません。

また、夫婦とはいえ勝手に携帯を見るのはルール違反だと主張するかもしれません。それももっともですよね。

言い逃れできないような証拠を、法に触れず道徳的にも問題のない方法で掴めばいいということ。それなら探偵に浮気調査を依頼すればいいでしょう。

動かぬ証拠、決定的な証拠を掴んでくれる探偵

浮気の証拠なんて探偵に頼まなくても自分で掴めるのに、と思うかもしれませんね。確かにメールだけではなく、クレジットカードの明細やレシートなど、浮気相手にお金を使ったことを証拠にできる可能性はあるでしょう。

でもその場では浮気を認め反省したとしても、何のペナルティもないのなら再び浮気を繰り返す可能性もあります。浮気はダメ、もし今度やったら痛い目に遭う、これを分からせることは重要でしょう。

そのためにも探偵に浮気調査を依頼しましょう。探偵が掴むのは言い逃れできない決定的な浮気の証拠。これは裁判になった時でも法律で認められますから、離婚するのも慰謝料を請求するのも妻優位で進めることができます。

離婚に慰謝料請求!財産分与や養育費!難しくて頭が痛い?

もし本当に離婚になった時は、面倒な問題が山積みでしょう。裁判になるかもしれませんし、そうなったら弁護士を雇う必要があります。

そんな時も探偵に相談することができます。探偵は調査をするだけではなく、調査後のアフターフォローもしっかりしている場合が多いですから、アドバイスをもらえますし弁護士が必要なら提携している弁護士事務所を紹介してくれます。

探偵費用は高いと依頼をためらう人もいるようですが、相場に見合った慰謝料を払ってもらうことができれば、そこから費用を払うこともできるでしょう。

夫の浮気が事実でも、その後の身の振り方は簡単に答えが出るものではありませんよね。夫が心から反省し二度と浮気はしないと誓ってくれればいいのですが・・・。

まず浮気の証拠を掴む、それから今後について相談に乗ってくれる、これが浮気問題解決のために探偵が行ってくれることです。まずは無料相談を利用してみましょう。きっと力になってくれますよ。

 - 夫・旦那の浮気