元探偵が教える浮気調査のいろは

浮気かっ?でもパートナーのLINEを確認してもそれらしいヤツがいない!

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気相手とのやり取りならLINE使うよね?

パートナーの行動がおかしいと思った時、頭に浮かぶのは「浮気」ではないでしょうか?浮気しているのかしていないのか、しているのなら相手はどんな人なのか気になりますよね。

ハッキリさせようと思った時、手軽に探ることができるのは今の時代やっぱり携帯・スマホでしょう。最近は通話やメールよりもLINEですね。

ラインは無料でメールよりも手軽だし、スマホを持っているほとんどの人がLINEを使っているのではないでしょうか。特に浮気・不倫をしている人なら一般の人よりも重宝しているはずです。

浮気を疑ったらLINEを疑う。しかし確認してそれらしき相手、痕跡がなくても「シロ」だったと安堵するのはまだ早いです。

この記事のまとめ

・パートナーが浮気しているのなら相手とのやり取りはおそらくLINE

・LINEをチェックする際は、非表示リストも忘れずに

・浮気を確かめるだけでなく解決したいのなら探偵に浮気調査を依頼

パートナーだって浮気していることは隠すでしょう

LINEは浮気に便利だけど、これでバレることも多いんです。浮気している人だって、そのことは承知しているから対策をしていると考えていいでしょう。

スマホ自体にロックをかける、LINEの方にロックをかける、トーク履歴を削除するを削除するなどです。

パートナーのスマホを見ることができて、LINEについてもある程度確認することができれば、「ウチは大丈夫、隠し事なんてないから」と安心するかもしれません。

でもそれでもやっぱり何かおかしいなと感じたら、調べて欲しいポイントがあります。それは「非表示リスト」です。

誰よりも頻繁にやり取りするのは浮気相手ですよね?

浮気しているとお互いに密に連絡を取り合いたいんでしょうね、本来のパートナーよりも頻繁にメッセージのやり取りをするのは間違いありません。

そんな相手ならLINEでもちろん「友だちリスト」に表示されてもいいはず、そう思いますよね?友だちリストを確認したけど怪しい人がいなかったから安心…ではないんです。

浮気相手を非表示リストに入れてしまうことで、相手を隠すことも考えられます。非表示リストに追加すれば友だちリストには表示されませんが、普通のトークは問題なくできます。

浮気相手を非表示リストに追加すれば、頻繁にトークのやり取りをしていてもその都度消すことで浮気相手だとはバレにくくなるでしょう。

ですからパートナーの浮気を疑った時は、LINEの非表示リストのチェックもお忘れなく!確認するには「設定」→「友だち」→「非表示リスト」で。

相手の目星はついたけど、そこからはどうすれば?

LINEで浮気相手らしき人が分かったとして、それだけでパートナーを問い詰めても浮気を認めないことが多いといいます。

もしも浮気が事実なら離婚や慰謝料請求など考えるかもしれませんが、LINEで得た浮気の証拠では法的には認められず自分が不利な立場になる恐れもあるんです。

浮気しているパートナーではなく、浮気された自分が優位に立つためには浮気の確かな証拠を掴む必要があります。

それにはプロに頼むのが間違いないです。探偵に浮気調査を依頼することが、浮気問題を間違いない解決へと向かわせる方法でしょう。

LINEを確かめれば浮気も簡単に見破ることができる、といわれていますが実際には予防する機能もいろいろとあるんです。

自分では見破ることができない、あるいは見破ったけどそれからどうすればいいのか分からないというのなら、探偵に浮気調査を依頼することをオススメします。

 - SNS