元探偵が教える浮気調査のいろは

どうしても浮気の証拠を掴みたい!勝手にメールを盗み見たら犯罪になる?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気の証拠がそこにあるはず!メール見てもいい?内緒で!

浮気や不倫のバレるきっかけが、携帯やスマホに残されたラブラブメッセージだったということも多いといいます。

浮気を疑った時、携帯やスマホを見れば浮気が事実なのかある程度判断できる、あるいはハッキリとした証拠を掴むことができるかもしれません。

夫婦とはいえ、携帯やスマホを勝手に操作してメールを見てもいいものなんでしょうか?

この記事のまとめ

・夫婦間で浮気の証拠を掴むためならメールを盗み見ても罪に問われない場合も

・ただし裁判では証拠として認められない可能性があり、処罰の対象になるかも

・確実な浮気の証拠は自分で掴もうとせず探偵に浮気調査を依頼したほうが無難

携帯・スマホのパスワードを解析して勝手に見るのは・・・

人の携帯・スマホ、あるいはパソコンのパスワードを解析して盗み見るという行為、これは立派な犯罪です。不正アクセス禁止法に違反することになってしまいます。

パートナーのメールを勝手に見て、浮気の証拠を掴むのはダメってこと?と思いますよね。ところが、夫婦間ならこれが罪に問われない場合もあります。

浮気の証拠を掴むため携帯を盗み見て、浮気の証拠となるメールを写真に取る。それをパートナーに突き付けて浮気を認めさせ、話し合いの末に浮気相手と別れさせる、あるいは離婚、慰謝料を払ってもらうことが決まった・・・。

こういう展開なら、メールを盗み見たことに関しては問題はないかもしれません。しかし、パスワードがかかってる携帯やスマホ、パソコンをチェックすることは問題がある事も。

ただし離婚裁判になったときは厄介なことになる恐れも!

メールを盗み見て、それを証拠だと突き付け夫婦で話し合って結論を出すのなら問題はない、けれども話し合いで解決できなかったら?離婚裁判になるかもしれませんよね。

裁判では自分が有利な条件で離婚するために、浮気をしていたという確かな証拠を提出しなければなりません。盗み見たメールが間違いなく浮気していると分かるものなら、当然証拠として提出するでしょう。

しかし、この証拠に対しパートナーが「これは違法な手段で入手したものだ!」と言い出したら?パスワードを無断で解析し盗み見たメールだと証言すれば、不法な方法で集めた証拠だから受理できない、といわれてしまう可能性があります。

つまり、離婚裁判に負けてしまうかもしれないんです。不利な条件で離婚するしかないということです。

もし離婚になる可能性があるのなら見ない方が良いかも

勝手にメールを盗み見て掴んだ証拠でパートナーが浮気を認めるのなら、何の問題もありません。でも話がこじれそう。たぶん浮気を認めないと思うのなら、メールを盗み見ることが「犯罪」になってしまう可能性があるんですね。

不利な離婚で慰謝料を払ってもらえなくなったり、処罰されるかもしれません。浮気されて悔しい思いをしたのは自分なのに、不利になるなんて納得できませんよね。

法に触れない方法で、自分が有利になる浮気の証拠を掴みましょう!自分で掴むのは簡単ではありませんから、プロに浮気調査を依頼すればいいですね。調査といえばやっぱり探偵です。

浮気調査を自分で行い決定的な証拠を掴むことは難しいし、法律違反になる可能性もあります。知識を持って法に触れない方法で確実な証拠を掴んでくれる、調査のプロである探偵に浮気調査を依頼することをお勧めします。

 - メール