元探偵が教える浮気調査のいろは

メールで不貞行為があったことは明らか!でも立証できないってホント?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

パートナーが浮気してる!とメールで確認できたから・・・

どうも最近様子がおかしい、携帯をしっかり握って離すことがないし隠れてコソコソメッセージもやり取りしているみたい・・・・。

ということでこっそり確認してみたら、メールの内容から浮気相手の存在が分かってしまった!許すことができないから、それなりに償ってもらいましょうということで、慰謝料請求や自分に有利な離婚を考える人もいるでしょうね。

パートナーや浮気相手に対し慰謝料請求をして素直に払ってくれるとは思えませんから、裁判になることも考えると絶対必要なのは浮気している確かな証拠です。

メールの内容を写真に撮り、それを証拠にすればいいと思っていませんか?でも十分な証拠になるとは限らないんです。

この記事のまとめ

・浮気しているのがバレバレなメールでも不貞行為を立証できないかも

・肉体関係が確かにあったという証拠でなければ不貞関係だと認められない

・確実な不貞行為の証拠なら探偵の浮気調査で手に入れることが可能

・探偵の調査報告書は裁判になった時でも法的に証拠として認められる

そのメールで肉体関係があるとハッキリ確認できますか?

法的にも認められる浮気の証拠とは、2人が肉体関係を持ったと証明できるものです。肉体関係がなければ不貞行為だと認められないんですね。

ですからメールのやり取りだけでは、いくら「愛している」「大好き」「また会いたいね」など繰り返しやり取りしても、言葉のやり取りのみ確認できるだけで肉体関係があるとは認められません。

不倫関係であることは間違いない、確かであっても当の2人が「実際に何かしたわけではなくメールをやり取りして遊んでいるだけ」と言い張ったらそれでおしまいになるでしょう。

メールのみでは浮気の証拠として弱い!確実な証拠が必要です

パートナーと不倫相手のラブラブメールが、証拠として全然使えないというわけではないんです。これだけでは不十分ですが、他の証拠と合わせることで不貞行為があったと立証することは可能です。

メールも含めて細々と証拠を集めるのは手間も時間もかかります。メール以外では2人で利用した飲食店やホテルの領収書やクレジットカードの明細など、小さな証拠でも積み重ねることで不貞行為があったと認められるかもしれません。

手間と時間をかけたのに認められないのは困りますよね?それなら間違いない浮気の証拠を、手間をかけずに短期間で手に入れましょう!

確実な証拠なら探偵の浮気調査で手に入れる!裁判でもOK!

確実に浮気の証拠を掴むことができる方法とは、探偵に浮気調査を依頼することです。浮気問題に詳しく調査技術も高い探偵なら、短期間で確かな浮気の証拠を掴んでくれます。

確かな証拠とは肉体関係があったと認められる証拠にになりますが、例をあげるならラブホテルに出入りする2人の写真や映像です。ただし、1回のみでは証拠として弱いので、2回以上、できれば3回分は欲しいところです。

これを素人が手に入れようとするのはほぼムリではないでしょうか。現場まで行くことはできても、気付かれないように鮮明な写真を撮ることはやっぱりプロでなければ不可能でしょう。

また、探偵に依頼すれば写真を撮るだけでなく浮気調査の報告書として提出してくれますが、これは裁判でも確かな証拠として認められます。

メールが浮気を知るきっかけにもなるのですが、証拠としては弱いし不十分だということです。裁判になることが考えられるのなら、短期間で確実な証拠を掴むことができる探偵に依頼しましょう。

 - メール