元探偵が教える浮気調査のいろは

パートナーの浮気発覚で離婚裁判?証拠がメールだけでは勝てないのか

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気は許せません!自分に有利な離婚裁判は可能?

パートナーが浮気し、この先夫婦としてやっていくのはムリだと思ったら離婚を考えるかもしれませんね。離婚するなら自分が有利な条件で、できればパートナーとその浮気相手に償わせる形にしたいと思う人もいるでしょう。

でも、パートナーは簡単に離婚に応じないかもしれないし、当然慰謝料も素直に払うとは思えません。浮気相手も、ですよね。

浮気も認めず離婚・慰謝料の支払いにも応じないのなら、離婚裁判することになるかもしれません。裁判で勝って自分に有利な離婚にするためには、準備しなければならないものがあります。それは「不貞行為の証拠」です。

この記事のまとめ

・離婚裁判を行う時は肉体関係があったと証明できる証拠が必要

・交際している男女間の一般的なメールのやり取りでは証拠として弱い

・メールもムダにはならないが他に証拠がなければ裁判は難しい

・決定的な証拠を掴んでくれる探偵に依頼すれば裁判でも有利に

浮気の証拠といえばメールのやり取りなんてどう?

浮気していたという証拠なら、2人がやり取りしていたメールを写真に撮っておいたから大丈夫!と思うかもしれません。

メールの内容は交際している男女のやり取りだと判断できるもの、裁判になったってみんな納得してくれるだろう、と思ったら甘いですよ。

裁判では、パートナーとその浮気相手が肉体関係を結んだということを証明する必要があります。不貞行為の証拠を提出するということです。肉体関係がないのに浮気が原因ですと裁判を起こしても、自分に有利な結果が出ないんです。

ですからもしメールを証拠として提出するばあいは、「好き」とか「次はいつ会えるの」程度のやり取りではダメということ。もちろん肉体関係があったとはっきり分かるような内容なら証拠となる可能性はありますが、そんな内容のメールなんてそうそう送らないのではないでしょうか。

絶対証拠にはならないというわけではありませんが・・・

肉体関係があると分かるようなメールではないけれど、交際していることが分かるような内容のメールを自分で保存していてもムダということなのでしょうか?

実はまったくムダだとはいえないんです。状況証拠として他の証拠と一緒に提出すれば無いよりはまし、もしパートナーが浮気を認めた場合にはメールも証拠となります。でも、やっぱりメールのみでは証拠として弱いですね。裁判では言い分が通りそうにもありません。

裁判になるかも、と思ったら証拠集めは探偵に任せてみる

どうしても自分に有利な離婚がしたい、慰謝料もしっかりと払わせたいと思うのなら、それなりの準備が必要です。

決定的な浮気の証拠を掴み、肉体関係があることを証明しなければなりません、勝てる裁判にするためです。でも、肉体関係があると分かる証拠なんて簡単に掴めるでしょうか?それに、裁判なんてやったことがなければ不安も大きいですよね。

こういう時、頼りになるのは「探偵」です。探偵に浮気調査を依頼すれば浮気の証拠を掴んでくれるだけでなく、不安に思うことや悩んでいることに対してもアドバイスをもらうことができます。

弁護士の紹介などアフターケアがしっかりしている探偵事務所もありますから、調査後の法的な問題で困っても安心、裁判になった時にも頼りになります。

離婚裁判でパートナーに非があると認めさせ、離婚を有利にしたいのなら動かぬ浮気の証拠を掴むことが大切です。残念ですがメールだけでは証拠として弱いですから、動かぬ証拠を掴み報告書にまとめてくれる探偵に依頼し、自分に有利な離婚を掴みとりましょう。

 - メール