元探偵が教える浮気調査のいろは

浮気の証拠はメール!このままでは裁判に勝てない?だからこうしよう

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

言い訳できちゃうからメールだけでは証拠として弱い

パートナーの浮気の証拠を掴んだ!これで離婚裁判になっても自分が有利に違いない、そう思っていたのにダメだった、ということもあるんです。

その証拠、携帯のメールだけだったら残念ですが証拠としては弱すぎ!裁判で勝てないかもしれません。

「愛している」とか「今日は楽しかった!また会おうね」など、浮気しているのが分かるような文面でも、それに対してパートナーは上手に言い訳する可能性が高いです。

この記事のまとめ

・メールだけでは浮気の証拠として弱く裁判で勝てない可能性が

・浮気した事実を書面に残すことができればメールも証拠としてOK

・書面にするのが難しければ探偵に浮気の証拠を掴んでもらう

・裁判になった時でも探偵の調査報告書があれば有利な離婚ができる

裁判に勝つためには不貞行為があったという証拠が必要

裁判になった時、ただ交際しているというだけでは不貞行為があるとは認められません。不貞行為が理由で離婚裁判を起こすには、パートナーと浮気相手が肉体関係を結んだという証拠が必要なんです。

愛している、好きだ、今度いつ会う?なんて言う言葉から、肉体関係が確かにあるとは断言できませんよね。浮気している証拠としてメールを使うことはできないのでしょうか?いいえ、ちょっと手間をかければメールを利用して裁判に勝つことは可能です。

メールを浮気の証拠として使うには書面にする!

メールだけを裁判の時に証拠として提出しても、言い訳されシラを切られる可能性があります。パートナーにあらかじめ浮気を認めさせることができていれば、シラを切らせず裁判を有利に進めることができるんです。

浮気していることがハッキリと分かるメールを手に入れたら、それをパートナーに突き付けてまず浮気を認めさせましょう。

ここでパートナーが浮気を認め本気で改心してくれるのなら裁判なんて必要ないでしょう。でも「もう会わない」と約束してもそう簡単には別れることはできないものです。

そこで裁判になった時のことを考えて、浮気はやめて今後相手には会わないという内容を書面にし、署名捺印してもらうんです。

書面があれば言い訳できない!浮気の証拠が揃った!

書面には浮気をしていたけど今後一切相手には会わないことを誓う、というような文面に、交際していた期間や浮気相手の名前、住所や連絡先なども入れるとなお良いですね。

裁判になった時、メールだけでは言い逃れできますが書面の内容が確かな浮気の証拠となるので、自分に有利な展開になるでしょう。

ただ、書面にしても裁判になった時にまだ抵抗しようとする人もいるかもしれません。無理やり書かされた、そう証言する可能性もあります。

そうならないために、書面にする時に第三者に立ち会わせ証人になってもらいましょう。これならもう言い訳はできませんよね。

書面に残せない、署名捺印を拒否されたら?

自分が不利になるから絶対に署名捺印しない、浮気も認めないという場合もあるでしょう。そうなってしまったらメールを浮気の証拠として使うことが難しくなります。

こういう時は探偵事務所に相談しましょう。探偵は浮気問題のプロ、浮気調査で証拠を掴んでくれるだけでなく、悩みや迷っていることに対してアドバイスもしてくれます。

メールだけでは決定的な浮気の証拠にはなりにくく、浮気を認めた書面と合わせて使うことで裁判でも認められる可能性が。

ただ、書面を書かせることは簡単ではないので、確実に浮気の証拠を掴んで報告書にまとめてくれる探偵に任せた方がいいでしょう。

 - メール