元探偵が教える浮気調査のいろは

発見!パートナーと浮気相手とのメール!浮気の証拠として転送する?

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

浮気の可能性を探ったら携帯にラブラブメールが!

浮気を疑ったら携帯を覗いているという手も、浮気しているなら頻繁に連絡を取り合っているはずです。

メールは絶対チェックが必要です。いつ会うのか、会ったのかなどメールの内容はもちろん、浮気相手の名前、アドレスや電話番号、勤務先なども分かる場合があります。

メールは見るだけでなく、もし怪しいものがあったら証拠として手元に残しておきたいと思うはずです。

自分の携帯やデジカメで撮影しても鮮明に残すことができないかもしれません。そんな時はそのメールを他の場所へ移動させればいいんです!

この記事のまとめ

・浮気の証拠メールを見つけたら自分の携帯やパソコンに転送する

・転送した後は転送した形跡をしっかりと消しておく

・調停や裁判になる可能性があるのなら探偵に浮気の証拠をつかんでもらう

メールは転送しちゃえばいい!メール転送機能を使おう

浮気の証拠としてメールを確保するわけですから、パートナーの携帯を長時間堂々と操作するわけにはいきませんよね。

メールの転送機能を使えば短時間で手早く処理できます。携帯電話にある機能ですが、使ったことはないでしょうか?

受信したメールを、内容を変えずそのまま別のメールアドレスに送信する機能です。パートナーの携帯にあったメールを、自分の携帯かパソコンのメールアドレスに送る事ができます。

簡単な操作ではあるけれど注意して!バレないように

転送した経験があり、パートナーの携帯の操作も分かっているのなら楽々メールを転送することができますが、経験がなかったり操作に自信がないのなら前もって説明書を読むなど「勉強」する必要があるかもしれません。

モタモタしていたら失敗してしまうかもしれないし、パートナーにもこっそり操作していたことがバレるかもしれません。

また、携帯にロックがかかっている場合もあり、その時は解除できなければ見ることも操作もできません。パスワードを手に入れロックを解除するところから始めなければなりませんね。

転送できたとホッとして気を抜かないこと!後始末はきちんと!

メール転送に成功しホッとして携帯をそっと戻す、ってそのままじゃダメですよ!メールを転送したことがバレてしまいます。

メール転送が完了した後は、パートナーの携帯電話からメールの送信履歴や宛先履歴など形跡を完全に消す必要があります。

転送先の携帯やパソコンにも注意してください。もしパートナーが自分のメールが転送された事実を知ってしまったら・・・大変なことになるでしょうね。

浮気調査はバレたら絶対ダメ!まず証拠をしっかりつかむ

浮気が事実なのか自分で調べて証拠をつかみ、パートナーを問い詰める分にはいいのですが、もし調停や裁判を行うことになったらそれが役に立たない可能性もあります。

法的に認められる浮気の証拠とは、2人が肉体関係を持った事実を証明できるものでなければダメなんです。メールの内容で肉体関係を証明できるということはほとんどないでしょう。

ですから危険を冒して手に入れたメールが、決定的な証拠にはなってくれない可能性があるということです。

それに浮気を疑っていることがパートナーにバレてしまうと、それ以降慎重になって決定的な証拠がつかみにくくなってしまうかも。

バレずに間違いなく証拠をつかむためには、素人では難しいのでプロの探偵に調査をお願いしましょう。

浮気の証拠としてメールを自分で保存しておくことは、パートナーとの話し合いに使うことはできますが、法的には認められない可能性も。

決定的な浮気の証拠を手に入れたいのなら、探偵に依頼することが無難でしょう。

 - メール