元探偵が教える浮気調査のいろは

証拠を掴みたい!パートナーの浮気メールは外部メモリーでいただき!

      2016/05/28

Pocket
LINEで送る

パートナーが携帯を手放したスキを狙って!証拠を掴む

パートナーの浮気を疑ったら、真っ先に確認したいのは携帯電話ではありませんか?

メールを確認することができれば、いろんなことが分かってしまうでしょう。これは、と思ったメールは浮気の証拠として自分で保存しておきたいですよね。

携帯電話の画面を写真に撮る方法もありますが、取っておきたいメールが多ければいちいち撮影するのも面倒ですよね・・・。

この記事のまとめ

・浮気の証拠を掴むために携帯メールを確認する方法もある

・外部メモリーを使ってメールなどデータを転送しチェックしても

・携帯にロックがかかっている、操作が不安なら他の方法で

・確実に浮気の証拠を掴むなら探偵による浮気調査を依頼

パソコン以外に外部メモリーに転送する方法もあります!

写真で画面を撮影するのではなく、データをコピーできれば簡単だし確実ですよね。携帯電話用のソフトを利用すればパソコンにデータを転送することもできますが、それ以外に外部メモリーを使う方法もあります。

外部メモリーとは、SDカードやminiSDカード、メモリースティックなどです。携帯電話本体だけでなく、これらのメモリーにデータを記憶させ保存しておくことが可能です。

外部メモリーに転送した後はパソコンへデータを移し、そこでチェックすることになります。

携帯のデータを外部メモリーに転送するために必要なもの

外部メモリーに転送するのですからもちろん外部メモリーが必要ですが、それ以外にもデータを移動させるためのカードリーダーも必要です。

これですぐにデータを転送できるわけではなく、新しい外部メモリーを使う時は「フォーマット」を行う必要があります。フォーマットはパートナーの携帯電話から行わなければならないし、フォーマットが完了するのに数分かかるので時間に余裕のある時に行いましょう。

後はメールなど必要なデータを移すわけですが、この時行うのは「コピー」で、「移動する」を選んでしまうと携帯本体のデータが消えてしまう恐れがあるので注意してください。

データが無事転送できた!後はパソコンに移動させて確認

必要なメールなどのデータを外部メモリーに転送したら、あとはカードリーダーに差し込んでパソコンに接続しじっくりチェックすることができます。

メール以外にも浮気相手の写真など他のデータも転送できますが、データの容量が大きいとコピーに時間がかかりますから、その点は注意してください。

それからデータを確認するパソコンにも注意してください。パートナーを含む家族と共有のパソコンなら、データが発見されてしまう恐れがあります。ですから管理は慎重に!上手に隠してください。

操作に自信がない、それ以前に携帯にロックが?

簡単にデータを移すことができるとはいえ、操作に自信がないということもあるでしょうね。

こっそりパートナーの携帯を操作するわけですから、焦ってうまく操作できないかもしれません。それ以前にパートナーの携帯にロックがかかっていたら、操作自体が行えませんよね。

ムリかな、と思ったら他の方法で浮気の証拠を掴んだほうが良いかもしれません。確実でパートナーにもバレない方法、それは探偵に依頼することです。

外部メモリーに証拠のメールを転送するのは便利ですが、慣れないとうまくいかないことも。また、パートナーに転送したことがバレてしまう恐れもありますから、ムリだと思ったら安全確実な方法で証拠を集めましょう。探偵に依頼することはオススメですね。

 - メール